【備忘録】Illustratorでテキストをオブジェクトの上下中央揃えにする

 

 Web技術

例えばIllustratorでWebサイトのデザインしていて
「ボタンのオブジェクトの中のテキストを中央揃えする」時に
左右中央揃えは問題ないかと思いますが
上下中央揃えはズレてしまう。。。

バウンディングボックスを表示させたら分かりますが
テキストの下(若干上にも)に空白がありこの分だけズレてしまいます。

アウトライン化してしまえばこの空白も無くなりますが
テキストの修正ができなくなってしまうので避けたい。

テキストをアウトライン化せずに、
オブジェクトの上下中央揃えをする方法を調べたらありました。

「プレビュー境界を使用」にチェック

「整列」パネルのオプションメニューから
[プレビュー境界を使用]にチェックします。

「プレビュー境界を使用」というのは

  • チェックを付けると「パスの線幅も含んで整列」
  • チェックを外すと「パスの線幅は含まないで整列」

になります。

「プレビュー境界を使用」は
環境設定の「一般」の中に設定項目があります。

製図を行う場合などは基本使わない事が多いようですが
Webデザインなどがメインの方は
あらかじめチェックをつけておいても良いかと思います。

「オブジェクトのアウトライン」を適用する

「オブジェクトのアウトライン」効果を使用して
テキストをアウトライン化「したこと」にします。

実際にアウトライン化せずに
「アウトライン化したことにする効果」なので、
文字の修正が可能です。

アピアランスパネルで「fx」ボタンをクリック、
[パス]→[オブジェクトのアウトライン]で適用します。

メニューの
[効果]→[パス]→[オブジェクトのアウトライン]
からでも適用できます。

適用するとテキストの空白が無くなっています。

これで中央揃えにすると、上下も真ん中に揃いました。

 

…で、このテキストの空白って結局何なんですかね…?

 この記事の投稿者

taka

taka

Webサイト作ってます。
最近のモットー「決して無理をしないスタイル」

twitter: @taka_sbs

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

ページ最上部へ