「モノからコトへ」はどうすればよい?

 

 Web集客, WEBサクセスの日常

 こんにちは、蝦名です。

昨日2015/10/08、第25期 札幌・経営者のためのWeb活用塾の2回目が終わりました。

12122396_961724727236149_7635615824976665683_n

受講風景

 

今回のテーマは

自社・自分の付加価値を探し、どのような情報を発信したらよいか

を学ぶことでした。

 

物が溢れかえり、商品の品質も平均化し、コモディティ化する中、

マーケティングの世界では、

「モノからコトへ」

というフレーズがよく使われます。

つまり、

商品のスペックをどんなに訴えても、人の心は動かず購買には進まない。

人を動かすには、「人間関係」や「共感」、「体験」、「思い出」が重要になってくるのです。

 

そんなことは分かっているよ。で、どうすればいいの?

 

それを演習を通して学んでいただいたのが、昨日のセミナーでした。

 

その中の1シーンだけ紹介しますので、このブログをお読みの方もやってみてください。

まずは、皆さんの提供するサービスや商品のよさをリストアップしてみてください。

いくつでも大丈夫です。

それでは、次にこの課題をやってみましょう。

text

例えば、

うちの商品は、他社に比べて耐久力がある。

と答えた方は、

お客様は、耐久力のある商品を手に入れられるので、
5年間は故障や修理の心配なく、安心して暮らしていただけます。

というような文章に変えていただきます。

「私たちの商品は」で始まる文章は、どうしても「モノ」の紹介になりがちです。

でも、主語を「お客様は」に変えることで、その内容がお客様にとっての「コト」に変わってきます。

そうすると、その情報が「自分ごと」に変わり、「自分のためにある商品」に変わってきます。

やってみると簡単ですよね?

 

ぜひ、皆さんの販促物やWebサイトを見直してみてください。

「私たちの商品はこんなにすごいんです」

という文章になっていませんか?

 この記事の投稿者

蝦名 未希子

株式会社正文舎 WEBサクセス事業部
営業 兼 Webコンサルタント

2000年頃から本格的にWeb制作業務に従事。
その後Webマーケティングの可能性に惹かれ、Webコンサルタントの道へ。
担当したWebサイトは200サイトを超える。
札幌の中小企業、教育機関を中心に、ファンが増えるWebサイトづくりを心がけている。

●パーソナルデータ
12月25日 北海道生まれ 山羊座 A型
夫1人、娘2人
好きなもの:和菓子・ビール・海外ドラマ・クラシック音楽特にオーボエ・広島カープ

アメブロも書いています 札幌 Web集客コンサルタントのブログ
Facebookはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

ページ最上部へ