ブログの執筆時間を短くするポイント3つ

 

 Web集客, WEBサクセスの日常

3aea11bd376c76b9695912dea010047b_s

こんにちは、札幌のWebコンサルタント蝦名です。

今、Webマーケティングの世界では

「インバウンドマーケテイング」、あるいは「コンテンツマーケティング」など

「価値のある情報を発信することで、見込み顧客のお役に立ち、顧客化する」

手法が注目を集めています。

しかしこの流れは、一時的なものではなく、

ある意味ずっと前からそうでしたし、これからも無くなることはないと思っています。

その中で、ブログの役割は大きくなる一方ですが、

私たちを悩ませるのは

「ブログを書きたいけれど、書く時間がない」

という問題です。

私も、楽天~アメブロと500記事以上書いてまいりましたが

実際にビジネスでブログを書いたことのある方なら、お分かりでしょう。

心から「読んでくださる方のお役に立ちたい」と思えば、

ブログの執筆に1~2時間かかることも珍しくはありません。

 

物理的にはもう、睡眠時間か食事の時間を短くするしかないわけですが

あまり無理をして倒れてしまっては本末転倒です。

 

「なんとか、読み手に役立つブログを、短時間で書けるようにならないか」

そう考えて、今はなんとか30分くらいで書けるようになってきました。

そのコツを3つお伝えします。

 

ブログ編集画面を開いてから、内容を考え始めない

つまり、書く内容は、書き始める時点で頭の中で完成されているようにしましょう。

編集画面を開いてから、「さて、今日は何を書こう」と考えていては

時間の無駄です。

考えるのは、トイレの中、通勤中、移動中、お風呂の中などがおすすめです。

 

読み手をイメージし、その人の読みたいことは何か、思いを馳せよう

「書くネタがない」というのは、正直「読み手」(お客様や見込み顧客)のことを

よく考えていないことの表れだと思います。

読み手をイメージして、日ごろその方々が何を疑問に思ったり、悩んでおられるのか

考えればいくらでも「書くべきこと」が見つかります。

それを考えるのも、先ほど書いた、「編集画面に向かう前」に行いましょう。

 

自分の心の動きに敏感になろう

常日頃、ブログのネタを考えるようにすれば、

自然とブログネタへのアンテナが立ってきますので、

それほどネタには困らなくなりますが、

さらにもう一つ心がけたいのが、

「自分の心の動きに敏感になること」です。

「あ、今、自分の感情が高ぶったのはなぜだろう」

「この人に共感する理由は何だろう」

そう考える癖をつけると、自分の感情や考えも整理でき、論理的に言葉にすることが

上手になっていくように思います。

 

ブログを書く時間がないなあ、とお悩みの方は、以上3つを実践してみてくださいね。

 

とここまで書いて30分。

写真を探したりダウンロードしたりするのも、結構かかるものですが
目標達成!(゚∀゚)/~~~

この記事も皆様のお役に立てますように。

札幌のWebコンサルタント蝦名未希子のfacebookはこちら

 この記事の投稿者

蝦名 未希子

株式会社正文舎 WEBサクセス事業部
営業 兼 Webコンサルタント

2000年頃から本格的にWeb制作業務に従事。
その後Webマーケティングの可能性に惹かれ、Webコンサルタントの道へ。
担当したWebサイトは200サイトを超える。
札幌の中小企業、教育機関を中心に、ファンが増えるWebサイトづくりを心がけている。

●パーソナルデータ
12月25日 北海道生まれ 山羊座 A型
夫1人、娘2人
好きなもの:和菓子・ビール・海外ドラマ・クラシック音楽特にオーボエ・広島カープ

アメブロも書いています 札幌 Web集客コンサルタントのブログ
Facebookはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

ページ最上部へ