スマートフォンで色のシミュレーション

 

 Web技術

無印良品が、
カラーユニバーサルデザイン(CUD)への取り組みを行っている様子が公開されていました。

▼くらしの良品研究所 | 無印良品
http://www.muji.net/lab/project/universal/160518.html

CUDスマートフォンアプリやシミュレーションできる専用眼鏡を使用、
実際の売り場はどのように見えているのかを体験して、
商品開発に役立てているそうです。

色に明度差をつけた付箋紙、
識別しやすいように針の配色を変えた置時計など、
私たちがあまり意識しないような部分でも、
開発にはいろいろ考えられているんですね。

また、利用者へアンケートを実施して、
使いにくいと感じたことなどの声に対しても、取り組んでいるそうです。
非常に興味深く読むことができました。

今後、無印用品のお店に行ったら、
商品を見る目が変わりそうです(^^)

さて、

ここで出てきた、「スマートフォンアプリ」とは
「色のシミュレータ」です。

▼「色のシミュレータ」ダウンロードはこちら
http://asada.tukusi.ne.jp/cvsimulator/j/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

他の人の色の見えを体験しよう!
「色のシミュレータ」は、様々な色覚特性を持つ人の色の見え方を体験するための色覚シミュレーションツールです。
スマートデバイスの内蔵カメラまたは画像ファイルから得た画像をリアルタイムに変換し、それぞれの色覚タイプ(2色覚)ではどのように色が見えるのか、シミュレーションを行います。
(※「色のシミュレータ」ダウンロードページより一部抜粋)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

早速 私もダウンロードしてみました! 操作はとても簡単!
各シミュレーション画像を並べた状態でスクリーンショットが撮れて保存できるのでこれまた便利!
検証画像を他の人と共有できますね。

実際に試してみました。
モデルは、私がほぼ毎朝お世話になっているこの方です。

 IMG_20160524_083432

印象が違うものですね~

札幌市もCUDに取り組んでいるので、
街を歩きながら「色のシミュレータ」で看板など撮影してみようかな(^^)

 この記事の投稿者

iziz

Webデザイナー&HTMLコーダーときどきイラストレーター。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

ページ最上部へ