実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

自分史上最大限にやってみようと思った ~ 劇団藤村組第6回目

 

 エクスマ

新型コロナウィルスの感染が急に拡大してきた3月初め、私は東京にいた。
東京では演劇の研修に参加してきた。
そして、帰ってきたとき、自分の心の中がすっかり変わったと感じていた。

練習が終わったあとの記念写真です。

それは何だろう。
とにかく、自分史上最高の自分になっていいと思ったのだ。
それは誰に認められたいとかそういうものではなく、
自分がそう思えればそれでいいと思った。

自分が自分に最高に期待してもいいんじゃないかと思ったのだ。

不思議な感覚だった。

この場面のセリフが完璧にできたら最高だなぁ

それからの私の行動は、今までとちょっと違う。

転職したり、引っ越ししたりしたわけではないので、見かけ上は大きな違いはない。
毎日規則正しく起きて、朝ごはんを作って食べて、会社に行って、ホームページを作っている。
家に帰ったら、ご飯を作って食べて、適度にゴロゴロして、お風呂に入って寝る。
基本はこれのくり返し。

2月とあんまり変わっていない。

でも、小さなことが違うのだ。

あんなに面倒だった、手洗い・アルコール消毒をまめにしている。
市販のものも買うとはいえ、家でご飯を作っている。
口にするものも変わった。東京から帰ってきたあと、まだ一度もチョコレートを食べていない。
たまっていた書類をまめに捨てて、洋服も整理し始めた。
家の中もあまり変わりはないけれど、モノは徐々に減っている。

チョコレートを食べなくなったのは、このワンピースをもっとかっこよく着たいため(笑)

褒めらたことはひとつもしていない。
けれども、確実に考え方は変わっている。

一生に一度くらい、自分が好きでやってみたいことを、
十分にさせてあげるっていいじゃない?

そうしようよ。

自分の中からそんな声が聞こえてからだ。

自分の人生は、自分も脚本に加わり、自分が主人公で登場している壮大な演劇。
演出家は神様だから、演出も想像を超えたことをする。

突然、自分の役を最高に演じられるように、やれることは何でもしようと決めたのだ。

そうなると、自由に動ける身体と、安定したメンタルが必要になる。

普段の養生は、無茶するときに思いっきり無茶できるようにするためにある
普段から無茶していては、いざというときに爆発的な無茶はできない。

だから、わりとおとなしく過ごしているわけだが、ボイストレーニングを受けてみたり、社交ダンスの先生に話を聞きに行ったり、新しいことに挑戦している。

こういうことは、わくわくドキドキするし、自分の考えで足りなかったことに気づくきっかけになる。なんだかいいね。

こんな3月を過ごしてきて、ひとつ身についたと思うことがある。
それは3つの視点で物事を考えられるようになったこと。

自分の視点でどう思うのか。
相手の視点でどう思うのか。
第三者の視点でどう思うのか。

この3つでひとつのことを考えられるようになった。

考えられなくても、3つの視点があると納得できたのだ。

今までなら、なんで私ばかりと思っていたけれど、そうではないことに気づいたのだ。

これは演劇にもいい影響があると思う。
自分の演じるシーンで、役の視点、セリフの相手の視点、第三者の視点で考えてみることができるからだ。

そして、仕事にもいい影響があるよね。
自分の視点、お客さんの視点、第三者の視点があるとわかったから。

3月がもうすぐ終わる。
状況は変わっていない。

4月はどんな月なのだろう。
社会情勢は不安なこともあるけれど、
自分がどこまでできるのか、とにかく進んでいこうと思っている。

今日のブログは、単なる私の独り言でした。

北海道にも春がやってきたことを教えてくれています。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ