実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

心と身体を整えると、ビジネスもプライベートうまくいくと思うんだなぁ

 

 心の健康, 白藤沙織のこと

ビジネスで成功したいと思ったら、あるいは自分の生きたい人生を生きるって思ったら、
真っ先にすることは、心と身体を整えることだと思う。
つまり、よく眠り、栄養のあるものを食べ、よく遊ぶ。

これが基本。

そして、「資格」「スキルアップ」「美容」「ファッション」と何かを身につけたいことと並行して、あるいは先行して心を整えていくのがいいと思ってるの。変化のスピードがはやくなる。
あっ、ここでいう「心」は感じる部分ね。脳をフル回転して理性的な判断をすることと違います。

心を整え身体を整えた方が、今持っている能力を最大限に使えるし、学習能力も上がると思うんです。

こんにちは。札幌でWebプロデューサーをしている白藤沙織です。

Webの企画をしたり集客セミナーが本業で会社役員の私が、ここまで心と身体にこだわるには理由があります。
自分や周囲の人を観察して、自分の持っている力を発揮できるのは、心と身体の準備ができたときって確信したからです。

  • 才能が豊かなのに、自分の全否定しているから、その才能に気づいていない
  • 働く意欲や成長欲はあるのに、身体がついていかずドタキャンが多い
  • いつも身体が重だるそうで、不機嫌な言葉を人にむけ、敬遠されてしまう
  • 睡眠不足がたたり、自分のことで精いっぱい。余裕がなくていつもバタバタしてる

こんな感じだともったいないですよね。

私、心も身体も壊しちゃった経験もある。
そうして得た学びは、いい仕事、いい人間関係は自分の状態を整えるところから始まるってことです。

心が整うと、踊ることもできるのさぁ~

アイドルダンスにも挑戦できちゃう

自分の本心を知らない怖さ

私、非常に感謝していることがひとつあります。
それは、笑い声がいっぱい、感情表現が豊かな家族・親戚の中で育ったことです。
金銭的にはそんなに豊かではなかったので、毎年リゾート地に旅行に行くとか、ごちそうを食べにいくとか、そんな経験はあまりないんです。でも、毎日の生活の中で、ユーモアはあった。

そして、笑いも多いけれど、泣いたり怒ったりすることも多い。ごくごく自然な本音で生きてる家族・親戚だと思います。

なぜ、こういう話をするかというと、大学・就職するにつれ、感情をストレートに表現するのは受け入れられないんだと学習したから。

感情をコントロールし、何事なかったように作った笑顔でいる。

これが大人なんだと学びました。

うちの家族は、大人ではないのか???

が、こんなことをしているうちに、心と身体がばらばらになりがち。
「社会のねばならないに従いなさい」っていう脳のコントロールが強くなってきました。

これはちょっと精神的にはきつい状況です。

もちろん、社会生活の中では、感情をコントロールしていくことは大事です。
それは自分が選択して、心と身体も納得する必要があるんですね。
脳だけががんばっても、心と身体が反発するとなかなか思うように行動できません。

力がある人でも、長年「ネバならない」で制御し続けると、時間がたつにつれてパフォーマンスが落ちるようです。
その一方で、感情をすぐに顔に表して文句ばっかり言っている人が、その自分を否定せず、うまく心をコントロールできるようになったら、ぐんと力が伸びたりします。

せっかく生きているのだから、自分の本心に気づいて、心と身体をコントロールできて、やりたいことで最大限のパフォーマンスができたらいいよね。私はそう思うんです。

心が明るかったら何でもできる

身体と心はつながっているから、どちらからアプローチしても整います。
私はどうも「心」の方が、身体をひっぱっていってくれるように思うんです。

わかりやすい例で話すと、病気治療があります。
「この治療は自分を健康にしてくれる」と信じて治療を受けた方が、回復がはやいように思うの。
薬を飲むにしろ、外科的な手術を受けるにしろ、自分がよくなると信じていると奇跡が起こったりします。

逆に身体は健康なのに、心がブロックしてしまい思うような結果がでないことがあります。
わかりやすいのが、世界舞台で活躍するスポーツ選手かな。身体は万全でも、ちょっとした心の状態で、最高の力をが発揮できず終わるということありますね。

だから、心のケアをした方がいい。

それには、自分の感じていることをまずは丸ごと認めることから始まると思うの。
こう感じる自分はよい、こう感じる自分は悪いって分類するのではなく、「あぁ、いまは自分はこう感じているんだな」って認めてあげるの。

自分のことを否定するのではなく、丸ごと認める。
嫌なところがあっても、仕方がない。
まぁまぁ、そんなこと感じてて、かわいいわねって認めてあげましょう。

長所は短所、短所は長所

自分の嫌なところを切り捨てると、自分として成り立たなくなることがあります。
自分の長所と短所は実は同じものだから。
解釈が違うだけ。
長所を際立たせれば際立たせるほど、短所も気になります。
太陽の光が強くなればなるほど、影も強くなるからね。

どちらも同じ、私の特徴です。

上のスライドは、私の長所と短所です。
私は組織の中で、「新しいものを生み出す」とか「改革する」ということが得意なの。
でも、それは周囲の人にとっては「よいと思っていることぶち壊す」ことにもつながる。

つまり、「新しいことを生み出してすごいね」と褒められることもあるし、「私たちがダメと言うんですか」と周囲をざわつかせてしまうってこともあるの。
両方ある。これを受け入れられたら、ラクになると思うのね。
そして、嫌な面が少しでも嫌な風にでないように努力する。これは嫌な面を知ってなきゃできない。

そして、認めるためには自分に余裕が必要。
余裕を作るには、よく眠り、栄養のあるものを食べ、よく遊ぶ必要があるって最初の話に戻ります。

自分の感情を認めるってお話を、明日(8/2)の20時~ ノエビア道東販売 菅原裕子さん主催の「自意識向上セミナー」でします。Zoomセミナーですので、もし聞いてみたいなと思った方は、飛び入り参加してね。
たぶん、ぎりぎりまで受け付けてくれるはず!

お申込みは、菅原裕子さんにお願いします。
Facebookメッセンジャーが一番はやいかなぁ。

菅原裕子さんのブログ↓ ここに彼女のSNSへのリンクがあります。
https://www.noevir-you.com/

私に伝えてくれてもよいですよ~

ではでは~

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ