実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

2年ぶりの挑戦

 

 会社のこと

会社経営に復帰します

いよいよ、4月のスタートです。

このたび、私はWEBサクセスの親会社である、
株式会社正文舎の取締役に就任いたしました。

今朝、就任のあいさつをしました。 インフルエンザでお休みの社員が多いので、まばら~

今朝、就任のあいさつをしました。
インフルエンザでお休みの社員が多いので、まばら~

正文舎は、創業80年を超える札幌では老舗の印刷会社。
紙媒体の需要が年々減少するなか、
3代目社長である岸が新な事業として
2007年に立ち上げたのが、
株式会社WEBサクセスです。

私はその前年の2006年に印刷物の作成が縁で
岸と仕事をするようになり、
共同出資で会社設立に参加しました。

2012年には第一歩として、
新札幌にあった事務所を移転して正文舎社内に引っ越し。
社員は正文舎に転籍という形をとっておりましたが、、、

私自身、これからというときに、
身体を壊して入院(>_<)
仕事している場合じゃなくなりまして、、、(-_-)

しばらくは10時に出社するという重役出勤。
(あっ、専務取締役って重役か?)

普通に出勤できるようになったのは、
ちょうど1年前の4月でした。

体調を崩す少し前に、
WEBサクセスは正文舎の100%子会社になっていたので、
私は2年間、会社経営からは一歩ひいた形で仕事をしてきました。

それでも会社は回るという、
ありがたい環境にいさせてもらいました。

ただただ目の前のことをしてきた

会社のことでよく質問されることは、下記の2点です。

・白藤さんはどの会社に所属しているの?  → これから説明します。 
・社長とのご関係は? → 赤の他人です。ただの代表取締役と取締役の関係 (^^;

私のどたばた 会社ストーリー

私は1993年1月に株式会社メディアリュウムの立ち上げに参加し、
取締役に就任しました。

取締役になったのも、会社経営がしたいわけからではなく、
当時の社長にそういわれたからそうしたくらいです。

そして、紆余曲折がありまして、
2012年7月から社長をしています。

それまでの私の人生の中で、
「企業の社長になる」という選択肢はありませんでした。

だいたいからして、臆病者で人見知り(ほんと、ほんと)。
営業なんてしたこともないし、やりたくない。
そんな人間でした。

でも、立ち上げた会社がジェットコースターのように浮き沈みがあり、
そんな中でだんだんたくましくなっていったといいましょうか。。。

そんな中でもともとの性格がでてきたといいましょうか。。。

とにかく、私は見かけよりもずっとタフな人間なんだと思います。
普段はヘタレなんですが、スイッチが入ると周囲の誰よりも決断力があります。
たぶん。
言葉を変えると、周囲の誰よりも「バカ」ともいえます。
計算できる人ならば、きっと選択しないかもってことしてきましたから(^^ゞ

2012年の6月の話。
「真摯に会社を経営しないと、みんなが不幸になるんだな」とふと思い、
「どうせ会社がつぶれるんだったら、
もうとことん私がやってみよう。
それでだめだったら会社がつぶれても仕方がない」
と思っちゃったんですね。
会社経営とは何か、ちっとも理解していないのに、
そういう決断をしたのだから、ばかですよね (´・ω・`)

それからが大変。

暗くなった会社を明るくするため、
オフィスにたくさん光が入るようにレイアウト変更したり、
決算書の読み方や経営指針を勉強したり、
会社全体でコミュニケーションの勉強をしたりと、
会社を好転させるためにいろんなことをしてみました。

エクスマを最初に勉強したのもこの時代です。

私自身はすごくシンプルに、
好きな仕事をする。
会社は絶対に存続させる。

このふたつにこだわってきましたが、、、

私を取り巻く周囲は、自分がポリシーを貫くと
何だか複雑なことになりまして、
さらに利権がからむとメンドクサイことにも直面し、
自分に正直に生きることも、
なかなか大変なんだなーと思います。

なぜメディアリュウムの社長まま、
正文舎の取締役になるのかなど、
ツッコミどころは満載ですが、、、

ここのところは、時期がきたらお話します。

「倒産危機をどう回避するか。
一発逆転、さおりん流会社の立て直し方」
という講演会を開こうかなぁ(^^;

もう必死にがんばるのはやめる

必死にがんばって、ここまできましたが、、、

一生分の「必死」を使い果たしたように思うので、
これからは明るく、楽しく、したいことをしようと思います。

(必死って「必ず死ぬ」って書くから、もうやめたいんです)

目の前にあることを淡々と一生懸命するってことには
あんまり変わりはないと思うんですが、
心の中は違うかなー。

あの頃はやらなくっちゃって思ってた。

いまはやりたいって思うことだけやるよ♡

だって、エクスマの師匠藤村先生も言ってるから。
「おもしろ、おかしくなどと考えて生きられるほど・・・人生は甘いものです。
人生は甘く楽しいものです。」って。

これからは、 明るく楽しくいこう

3月1日の阿寒であったセミナーで、エクスマ同期のブランが書いたメモ。

 

だから就任式だというのに、こんなこともできちゃうんだよね。
「これがスマホとソーシャルメディア時代の企業広報の仕方だよ」って、
全社朝礼で実践しているところ。
20160401_02 20160401_01

21世紀型の企業は、ちゃらくあれかな?

とにかく、一回休み状態の会社経営脳を全開にして、
にこにこ笑顔で全力を尽くします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ