実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

花は観手に咲く ~ エクスマセミナーからの学び

 

 エクスマ

花は観手に咲く

室町時代の能役者である世阿弥の言葉です。

この言葉は学生の頃から聞いていました。
そして、私が師事しているエクスペリエンスマーケティングの藤村正宏先生からも習った言葉です。

藤村先生のブログから意味を引用させていただくと、下記のようになります。
世阿弥は能を観て美しいと思ったり、すばらしいと感じたりする感動を、「花」と表現したんです。
そして、その「花」は能を舞っている演者にあるのではなく、観ている観客に咲く。
そう言ったのです。

商品価値を決めるのはお客様(2013年11月11日)
http://ameblo.jp/ex-ma11091520sukotto/entry-11684744847.html

つまり、花が美しく咲いているから人が美しいと思うのではなくて、
見ている人が花を美しいと感じているのだから美しいのだということです。

能の舞台

能の舞台

エクスマ実践塾でこの話を聞いたときに、わかるようでわからない。
もやもやとした気持ちになっており、ずっと気持ちを引きずっていました。
最近になって、「あぁそうなんだ」とやっとこの言葉が自分の中で消化できました。

そして、9月17日に小樽政寿司さんで行われた、
「エクスマセミナー「映画で気づく!SNS時代のビジネスの本質」に参加して、
もっと深く理解できたように思います。

話に引き込まれる理由とは

この日のセミナーは、藤村先生、お弟子さんの坪井秀樹さんと短パン社長の3名が講師でした。

「映画」をテーマに、SNS時代になったいま、どのようにビジネスに取り組んだらよいのかというのがセミナーの内容でした。

エクスマの講師陣のお話はいつ聞いても面白い。
そして、明日から行動しようとその場で決断でき、何らかの行動を起こせるんです。私の場合はね。

それはいったいどうしてなんだろうと、今回じっくりお話を聞きながら考えていました。

そして、今回気づいたことはエクスマの講師の方は、
「花は観手に咲く」ということを大事にして、話をしているからだということです。
聞き手のことを考えているので、話し手が一方的に伝えたいことを伝えているのではないと思ったんです。

どうしてそう思ったのか、理由は3つあります。

1. シナリオが作り込まれている

オープニング

オープニング

登場シーン

登場シーン(イッシーさんのブログからお借りしました)

ライトが消えてオープニングのスライドが始まり、
ぱっと明るくなったら、こんな感じ。

最初から、参加者の心を惹きつけています。
つかみはOKって感じですね。

と言っても、個々人でご自分の話を作り込んでいるのだと思います。
藤村先生はほかのお二人のスライドをチェックしていないと話されていました。
Jazzの即興演奏のように、それぞれのプレイヤーが個々の技術を磨いて、
お互いに呼吸を合わせているのかもしれません。
(合わせていないのかもしれませんが、、、)

2. 実体験に基づいて話をしている

藤村先生は初め、坪井さん、短パン社長ともに、話されていることはご自分が実践されてきたことです。
実体験に基づく話は、ビジネスの話であってもいきいきとして面白いです。

坪井さんと短パン社長は、エクスマで学んだことをどのように自分のビジネスで実践されてきたのか、
その話をしてくださいました。

藤村先生は「ビジネスは楽しくやろう」と話されていて、
それをどうやるのか、実際に私たちに見せてくださっています。

事実に基づく話が多ければ多いほど、説得力が増していきます。

なるほどなー、すごいなーという感想は、ここから出てくるんだと思うんです。

3. 呼吸が合っている

3番目は何と伝えたらよいのかわからないのですが、
話し手の呼吸と聞き手の呼吸が合っているように思うんです。

藤村先生が演劇をされていた経験から、
講演でも聞き手が理解できる、聞き手に伝わるということを大切にされています。

坪井さんのお話の中で、「うまいと伝わるは別のこと」と藤村先生に言われたエピソードが出できました。
演技の上手な役者が、必ずしも伝えるのが上手とは限らないと藤村先生が話したそうです。

この3つは、講演に限らず大事ですよね。
会議でも、社員教育でも、商談でも、「シナリオを作り込む」「実体験を話す」「聞き手と呼吸を合わせる」この3つが揃ったら、話がわかりやすく伝わりやすいので、自分が計画したように動くと思うのです。

聞き手のことを考えよう

「伝わる」ことにこだわることが、
「花は観手に咲く」ということではないか。

私はエクスマセミナーで3人のお話を聞いていて思いました。

自分が伝えたいことを一方的に話すのではなく、
相手に伝わるように話す。

話の価値は聞き手が決める。

こんな心構えでいつもいたい。

今回のエクスマセミナーでの最大の気づきは、「花は観手に咲く」心でした。

14時~20時近くまで行われたセミナーでは、ほかにもたくさんの学びがありました。
そのお話は何回かに分けて書きたいと思います。

本質はまじめで練習もたくさんしているのだと思いますが、
こんなゆるさがあるから、おもしろいんです。

懇親会で行われたトークライブ。

懇親会で行われたトークライブのときの写真です。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ