実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

ニューヨーク滞在日記 Day3 その1〜 DUMBO(ダンボ)地区を歩き回る

 

 白藤沙織のこと

ニューヨーク滞在3日目。お天気はあまりよくなく、時々小雨が降っていました。

「今日はどこに行こう~~。」とハリキリたいところでありますが、、、

ゆかぽんは昨日遅くまで、初日(3日目の夜)に行われるレセプションの原稿を作っていたらしく、ぐっすりお休みです。私も時差の関係かあんまり眠れていないので、朝はゆっくりすることにしました。

本日の朝食は、昨日のイタリアンレストランで出できたパン3個。それにバナナって感じ。ニューヨークの食事代が高いので、節約です!

朝食後はゆかぽんがGoogle翻訳も駆使して作った英語スピーチを読ませてもらって、校正などしていました。初めて英語でスピーチするので、ゆかぽんは緊張マックスって感じで原稿の読み込みをしていましたよ。その隣で申し訳ないくらいリラックスして、ベッドでごろごろする私(^^;

そんな感じで一日が始まり、11時近くから観光開始です。

DUMBO(ダンボ)に行ってみる

3日目はブルックリン橋とマンハッタン橋のたもとのエリア、DUMBO(ダンボ)に行くことにしました。

DUMBOは「Down Under the Manhattan Bridge Overpass」(ウキペディアによるとマンハッタン橋高架道路下)という意味。以前は倉庫ばかりだった地区が開発されて、最近は観光地としても発展したそうです。イーストリバーの向こう側は、マンハッタンのウォール街の超高層ビルが見えます。ホントに美しい場所です。

橋の向こうに見えるのは、ブルックリン橋とマンハッタンの超高層ビル。雨でかすんでます。

すっかりお気に入りになった、ブルックリン橋の下まできました~~

 

橋の下しは石畳になっていて、廃線になった線路が残っています。

ホテルからダンボまでは、歩いて15分くらい。何度か通って気づいたのは、白人の赤ちゃんと黒人の女性の組み合わせで歩いていることが多いです。最初は黒人と白人のミックスの赤ちゃんなのかなって思ってましたが、これは多すぎると思っていました。ベビーシッターのお仕事だそうで、それを見るだけでここに住む白人は裕福ななのだなぁと思いました。
犬をたくさん連れた人もいて、それもお仕事だそうです。

DUMBOにはアーティストも集まってくるので、ギャラリーもたくさんあります。日本のお店もありましたよ。

USAGIとというギャラリーです。和食のお弁当も売っていました。

この日は雨。傘を入れるバックが超かわいい♡

レストランのメニューを見るのは難しいよね

さて、歩き疲れてお昼でも食べようと入ったお店は、オーガニックの食事もとれるらしいです。

アメリカに来て3日目。フルーツは食べたけれども、野菜不足に陥っておりました。

それで、メニューを一目見て野菜が食べられる料理名に魅かれて注文してみました!

が、、、

ホントに野菜だけだったぁ!! そのときのツイートはこちら↓↓


やさしいゆかぽんが、自分の注文したハンバーガーを少し分けてくれました。

ありがとーーー。

お昼を食べたあとは、もう少しDUMBOを散策。

ですが、ゆかぽんは次に控えている英語スピーチがとっても気になるようです。

少し早めに切りあげて、ホテルに戻ることになりました。

帰り道はいつもの道と違ったコースを歩きます。

ブルックリンハイツの方を通ってくと、子どもたちがちょうど学校から帰るところみたいでした。

アメリカでは大人が必ずついていなければならないので、学校の送り迎えも保護者がするそうです。日本みたいに小さな子どもがひとりで電車に乗ることなんてありえないそうです。

働くお母さんをしていた私は、思わず「大変だなー。」とつぶやきたくなります。

そんな寄り道をしつつ、次の日の朝食をスーパーで調達し、ついでに$1.50の入れたてコーヒーを買ってホテルに戻りました。

さてさて、ゆかぽんのレセプションは夜の7時から。その様子は次の記事にまとめますね。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ