映画「La La Land」の中にみつけた日本的なもの

 

 白藤沙織のこと

凝り性の私は、一度はまるととことんまで浸らないと気がすみません。

最近は、La La Landにはまってはや一カ月(笑)

5月3日には映画館で3回目のLa La Landを見てきました。

3回目になると、今まで気が付かなったことに気が付きます。たとえば、セブの古い友人のキースは、「セバスチャン」と呼んでるけど、字幕にはそのセリフはないとか。細かいなぁ。

で、私はですね、La La Landのエンドロールで、「これは日本?」って文字をキャッチしたんです。

ひとつは出演者に「mizuno」という名前をみつけたこと。もうひとつは曲名に「Japanese folk song」っていうのがありました。

一瞬のことなのですぐに忘れちゃったんですが、、、

記憶のどこかに残っていたらしく、YouTubeを見たり、映画のことを調べてたらふたつともわかったんですよ❗️

というわけで、今日は興味のない方にはどうでもいいことを書きます。

Sonoya Mizuno(ソノヤミズノ) さんは女優さん

Sonoya Mizuno(ソノヤミズノ)さんは、主人公のミアのルームメイトのひとりを演じていて、映画の最初の方でミアがオーディションに落ちて家に戻るシーンで登場します。あの”Someone in the Crowd”を歌っている、華やかな女性たちのひとりなんです。

↓ http://www.rafu.com/2016/12/sonoya-mizuno-appears-in-la-la-land/

Los Angeles Japanese Daliy Newsより(ロサンゼルス 日本の毎日ニュース)

黄色いドレスを着ているのが、ソノヤ ミズノさん。お父様が日本人だそうです。1980年に東京で生まれて、イギリスで育っている女優さんで、バレエも上手なようです。ふむふむ。

Japanese folk songはジャズの曲

で、次は「Japanese folk song」のこと。

エンドロールを見ているとき、「日本のフォークソング」ってなんだろう。どこかに日本的な曲が流れたかしら?とか漠然と感じていました。

なぜ、ジャズだとわかったかといいますと、スクリプト(台本)を読んだからです!

字幕では文字の関係で、英語で言っていることが要約されていることが多いんですよ。それで、セブやミアが英語で何て言っているのか知りたくて、インターネットで台本がないか検索したんです。

で、見つけました!!!

PDFファイルが公開されていました~~。すごくないですか?

上映中の映画の台本が、無料で手に入るなんていい時代だなー。

渋滞の高速でセブが聞いている曲の題名が書かれてます!

出典 LA LA LAND Screenplay.pdf

セバスチャンは、カーステレオでセロニアスモンクの「Japanese Folk Song」を再生している。でも、何度も何度も何度も曲を止める。正確に同じところで巻き戻しをしている。

※日本語訳はさおりん。間違っていたらごめんねー。

ちなみに、セバスチャンはロサンゼルス出身で、32歳だそうです。

「Japanese folk song」は、セロニアス モンクというアーティストの曲で、滝廉太郎の荒城の月をジャズにアレンジしたようです。

かっこいいなー。

ということで、まだまだLa La Land熱はおさまりそうもありません。

台本を読み進めたら、今度は何が見つかるかなー。ワクワク♡

コメント

comments

 この記事の投稿者

白藤沙織

札幌のWeb・印刷事業をしている株式会社正文舎で、Webを中心にお客様の販促のお手伝いをしています。

ニックネームは「さおりん」
私のミッションは、「Webと紙で中小企業を元気にすること」と勝手に信じてばく進む中。

趣味はテニス♡ 愛読書はサザエさん

ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ているとか

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ