実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

常識を逸脱しようとするときの第一の関門

 

 白藤沙織のこと

自分の中の罪悪感が自分を止めてしまう

業界の常識、会社の常識、社会の常識に縛られず、自由になろう。常識を逸脱しよう。

そう決めて行動し始めると、ある気持ちが襲ってくることがあります。

それは、罪悪感 (-_-;)

たとえば、

職場でSNSでたくさんの人たちと交流して楽しんでいると、「仕事は真面目にするもんだ」と怒られるとか、

たくさん遊ぼうと思っていたら、「いつも家にいないのね」とか文句を言われるとか、

会社の常識を変えちゃえ~とか思ったら、「孤立しているんじゃない」と心配されるとか

自分が行動を変えると、周囲も変わらざるを得なくなるので、いろんな反応が起こります。

これは仕方がないことです。

そうは言っても、

自分だけラクしていいのだろうか。

自分だけ楽しんでいいのだろうか。

こんな気持ちが湧いてくるかしれません。

そして、最初は元気に変わることにチャレンジしていたのに、だんだん自分に自信が持てなくなって、行動のスピードか鈍り、元に戻ってしまう。

そうすると、いろいろ言っていた人たちは元に戻ったので、何も言わなくなる。

問題が片付いたようで、本人の問題は何も変わらず、相変わらずもやもやとしてしまう。

何かそのくり返し。

悶々としたら、自然の中にいくのもいい。

自分が本気で取り組みたいのに、それができないって状況が続いているときは、罪悪感がないか考えてみるといいですよ。

そして、その罪悪感がどこからくるのかも、考えてみるといろんなことがわかってきます。

罪悪感の元になっていることを解決しないと、逸脱のための行動ができないってことがありますからね。

そんなときは、罪悪感の元の方を先に解決しましょう。

とくに問題がなければ、自分のために「えいっ」って決断して、罪悪感を振り切る覚悟が必要になるかもしれません。

もっとも、変わることが楽しくて、楽しくて、そのままずっと進んでいける場合もありますがね。

人間は慣れたことの方が好きな動物なので、新しいことをすると、自分も周囲もちょっと不安になるみたいです。

仕方ないですよね。慣れてないんだもの。慣れるまでは、ぎくしゃくするかもしれません。

だから、決めるしかないと思う。

自分のためにここから抜け出して、自由になるってね。

それで失敗したらどうする?っていう不安もあるかと思います。

ですが、失敗って世の中ないし、しなければならないことはひとつもありません。

一度決心したことが崩れちゃっても、それはそれでいいじゃんって思います。

想いを共有できる仲間がいたら、罪悪感はちょっと消えるかもね。

 

わかりやすい例をあげると、早起き生活にしようと最初の3日はがんばっても、4日目から起きる時間がだんだん遅くなってしまい、気づいたらやっぱり同じ生活をしていたってことがあります。それで、自分はダメ人間なんだーと自分を責めてしまう人もいる。

こんなとき、私は「いいんじゃない。本当にやりたかったら、また取り組めばいいよ」って言います。

大事なのは現状を認めて、前に進むことだから、過去を嘆いて落ち込む必要はないんです。

本当に自分にとって必要ならば、何度でも挑戦するとよいと思うんですよ。

そもそも自分は何でこれに取り組んでいるんだろって、自分に問いかけながらね。

その理由がはっきりわかったら、行動し続けることができると思うんです。

うん、きっとできると思うなー。

 

 

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ