実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

歯形がついたクッキーの思い出

 

 白藤沙織のこと

家に帰ったら、娘がお土産として会社に持って行ったはずのクッキーがあった。

「あれ? クッキー、忘れていったの?」と聞いたら、

「お母さんが食べたいと思って、会社で配って余ったのを持って帰ってきた」と言う。

そうだった。

今朝、出社するときに「クッキーは会社に持って行っちゃうんだね。家では食べないんだ」と、ちょっと冗談ぽく私が言ったのだった。

会社に持って行って、みんなで食べるのならばそれはそれでよかったのだけれど、、、

彼女は今朝私の言ったことを覚えていてくれて、持って帰ってきてくれたのだ。

やさしいね。

箱にはクッキーが2枚。1枚は自分用だと念を押された。

今日、持って帰ってくれたお土産のクッキー

そんなやりとりをしていて、ふっと彼女が小学校の2年生頃のことを思い出した。

小さな子も事情はよく理解している

本当に申し訳なかったのだが、諸般の事情により(^▽^;)、私は彼女が小学校1年生になるときに離婚した。

それだけでも娘にとっては大変なことなのに、2年生になる頃から会社の経営状態が厳しくなり、私はがむしゃらに働くようになった。

それは何を意味するかというと、帰宅時間がだんだん遅くなるということである。

帰宅時間が遅くなるということは、ご飯の時間も遅くなる。

当然、待っている子どもはお腹がすいたりするわけだ。

もう何が理由だったのか忘れてしまったけれど、私はなかなか帰れなかったことがある。

娘が待っていると思いつつも、仕事が終わらないで焦っていたと思う。

やっと仕事が終わって、急いで家に帰ったら、歯形がついて半分になったクッキーがテーブルの上にあった。

「どうしたの?」って聞いたら、

「お腹がすいて、クッキーを食べようと缶を開けたら、一個しかなかったの」と言う。

ウルウルしちゃいました。

お母さんも食べたいって思ったから、半分個にしたと言うんだもん。

そのまま食べちゃうことだってできたのにね。

(食べちゃったら、怒られると思ったのかは定かではない)

「ありがとう」と言って、娘がかじったクッキーを食べた。

娘は満足そうに笑ったんだよね。

お母さんの面倒は私がみなきゃって思ったのかな。

小さな子は何も知らないって思われがちだけれど、親の事情を肌で感じ取っている。

表現ができなくても、ちゃんと理解しているんだよね。

100%の愛情で接してくれる娘に、ほんと助けられて私は生きてきたなぁと思う。

彼女がいなかったら、もっと仕事ができたかもしれないけれど、

彼女がいたからこそ、人生は豊かになったのだと思う。

そうして、ただただご飯を食べているだけでも、

「かわいいなぁ」と感じられる自分でよかったなぁと思うのだった。

っていう美しい話もあるというのに、

母が「オニババ化」という話は山ほどあり、今でも言われるのである。

修行の足りない母でごめんよーーーーっ

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ