許すってことが最大の癒しになるんだね

 

 白藤沙織のこと

小さなときに心が傷ついてそれが癒されていなかったとしたら、その傷がずっと心に残っている。
そして、大人になってもその傷を癒したくてうずうずしていて、それが生きにくくする原因にもなっている。

なんだかわからない怒りは、この小さなときに傷ついたときのことなのだと思う。

そして、傷つけられたことの大半は実は親からのことが多い。
一生懸命育てているはずなのに、子どもを傷つけちゃうって親って大変だなーという反面、当たり前のことなのだ。
だって、親だって子どもの時代があって、そのときに傷ついていて癒されていないのだからね。
そうして、傷は代々親子の中で伝わっていく。だから、親も悪くないのよ。

私もやっぱり、親との関係で傷ついたことで解決できていないことがあって、四苦八苦していることもあります。
それが生きにくい原因のひとつだったのは事実。

そして、カウンセリングでいろんな人の話を聞いていると、やっぱり親との関係でつまづいていることが多いの。
※ 実は私、カウンセラーしてます。お仕事にしていませんが、草の根的にカウンセリングをしています。

大人になった私たちは、親の保護がなくたって生きられます。ちゃんと自立しているわけだし。
でもね、なかなか難しいのよ。傷を癒すということも、その傷にきっぱり別れを告げるのも。
だって、その傷がある限り、犠牲者の立場でいられるし、誰かのせいにして生きられるもの。

親が悪いから、私はこうなったーーって言い続けたり、
私はこう言う人になったって思い込んじゃったり、

いくらでも人のせいできちゃう。

そして、こんな生きにくいことはいやだとか言いつつ、しっかりと傷を抱えて離せない自分もいるんだよね。
どうしてこうなったんだろーって、理由をどんどん掘り下げてるとかね。
それで、どんどん傷が深くなるだけのような気がするの。

じゃあ、どうしたらいいのかって、ずっと考えてきたのですが、最近結論を出しました。

許せばいいって。

傷つけた親も、傷ついた自分も、許してあげればいいってね。

すべてを許すって決めたら、いろんなことがラクになると思う

お母さんもお父さんも、よく生きていた!
そのときは精一杯やっていて、仕方なかったんだよ!

そして、傷ついた自分も許してあげる。傷ついたままでいなくてもいいんだよってね。
「ゆるせなーい。くやしーー」っていっぱい悶絶していいんですが、
そういう怒りのところからもう出てきていいのよ。
「傷ついたところから出て、生きたいように生きていいんだよ」って自分をやさしく許してあげることも大事かな。

だってね、小さかったときに必要なことは、大人の自分は必要ないんだもの。
自分の思った通りの愛情が手に入らなくて、本当にみんな傷ついているけれど、
大人になった今は親の保護がなくても生きていけます。
たくさんの人といい関係を作って生きていけます。

これは事実。

だから、全部許しちゃうってことが、自分に一番優しいことなんじゃないかと思うのでした。

コメント

comments

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

札幌のWeb・印刷事業をしている株式会社正文舎で、Webを中心にお客様の販促のお手伝いをしています。
私のミッションは、「Webと紙で中小企業を元気にすること」と勝手に信じてばく進中。

ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2 follow us in feedly

ページ最上部へ