ホームページはレスポンシブサイトにしないとだめなの?

レスポンシブに対応しなきゃ、この先やばいよ。

なんて言われても、あわてないでくださいね。
レスポンシブにすることだけが、スマホ対応ではないですからね。

「さおりん、昨日のブログでレスポンシブサイトを勧めてたじゃないの!」
って言われるかも。なので、これから説明します。

ホームページの作り方自体で、検索に不利になることないです

レスポンシブがすべてではない

私はレスポンシブに対応することをお勧めしていますが、これからホームページやブログを作る場合のお話です。ホームページをデザインから作りかえる、フルリニューアルのときも当てはまります。

ですが、ホームページの運用にはいろいろありまして、ブログやECサイト、または予約サイトなどなど、管理画面から投稿するようなシステムの場合は、レスポンシブではないけれども、スマホ用の表示テンプレートが用意されていて、スマホでアクセスしたら自動的にスマホ用サイトが表示されるものもあります。

あー、伝わるかなぁ。

昨日も書きましたが、ドメインに/sp/とか/smartphone/みたいなフォルダが作られていて、そこにスマホ専用サイトがあるんですね。読者が使用している端末を判別して、パソコン用サイト、またはスマホ用サイトを表示するようになっています。
ですので、何かほかに大きな問題や理由がない限り、レスポンシブサイトに作り直す必要はありません。
大丈夫!
ただ、別々のアドレスになる場合は、Googleが別々のURLで運用していることがわかるように、ちゃんとHTMLで記述してあげる必要があります。
この設定を理解できるのは、ホームページのことを何でも覚えたいって人に限られると思います(^^;
ホームページ制作会社の人に確認してくださいね。
どうしても、自力でホームページを運用するんだと決意の固い方は、Googleのガイドに沿って設定してください。

GoogleSearch 別々のURL
https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-seo/separate-urls?hl=ja

モバイル対応に関するGoogleの記事はこちらにあります。
が、読みたいと思う方は少ないですね。きっと(^^;

https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/09/how-to-move-from-m-dot-urls-to.html

何か心配ことがありましたら、お気軽にお問合せくださいね。
お問合せフォーム : https://www.websuccess.jp/saorin/request/
Facebook : https://www.facebook.com/saori.shirafuji
Twitter : https://twitter.com/writersakko

今日のブログは、リンクだらけになったなー

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

「経営者の夢を叶えるお手伝いをする会社」。私は自分の会社をそんな風に思っています。
ホームページ、ブログ、SNSや印刷物は、みなさんの会社の価値をストーリーで伝える手段。その手段をなぜ使うかというと、ご自分たちの夢、想い、目標を実現したいからと思います。その手段を有効に活用できるようにするために、日々奮闘中です。

プライベートでは、ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ