実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

発想の大転換 : 再現性のあるものに価値がない ~ 11/7エクスマセミナー

 

 エクスマ

11月7日はエクスマセミナーでした。毎回すごいと思うんですが、今回は圧倒されたって感じがしています。それは、オープニングがモーツァルトの交響曲第25番ト短調 K.183から始まったためでしょうか。クラッシック音楽の静かだけれど、心揺さぶる曲がかかったからでしょうか。

エクスマセミナーに参加したみなさんと。
カメラマンの陽田さんの写真です

モーツァルトはなぜ現在も知られているのか

セミナーの最初の話は、映画「アマデウス」の話から始まりました。

私の師匠はかっこいいなぁ

アマデウスの主人公サリエリがモーツァルトの才能に気づく。そのシーンが紹介されましたが、何か心に刺さりました。サリエリも優秀な音楽家。でも、モーツアルトほど才能はない。宮廷に仕える真面目な音楽家は、音楽の才能がある人を見抜く才能はありました。それで、あまり品行がよくないモーツァルトなのに才能にあふれていることに気づいて涙がじわとでてきます。そういうシーンが切ないなぁと思いました。

どこか自分に重なるものもあったからなぁ。
真面目に努力している人には、なんか不真面目なのに軽々と自分を超えてしまうような人に会うと、愕然としてしまうんですよねぇ。。。

そんな私の個人的な感想はおいておいて、、、

モーツァルトが生きていた18世紀は、今のようにデータとして音楽を複製できない時代。
当時はサリエリは優秀な音楽家と言われていたのに、サリエリは今の時代はあまり知られていません。でも、モーツァルトは超有名な音楽家として知られている。

その差は何なのか?

ひとつは、モーツァルトが小さな頃から、お父さんに連れられて演奏活動をしていたことになるのではないか。そんな藤村先生の話を聞いて、なるほどなと思いました。

行動量、発信量ですね。

人々に知ってもらうために、情報発信を大量にしたということです。

衝撃的な話

そして、私にとって衝撃的な話がありました。それはこちら↓

今までの集客の仕事は、「再現性」が求められていました。
私の仕事でいうと、どうすればホームページのアクセス数が増えて、売り上げを伸ばすのか。
そういう手法を生み出して、できるだけシンプルな法則にしてノウハウとして提供する。
そのノウハウを使って、企業の売り上げを伸ばす。そういう仕事です。

でも、再現性のあることは、取り入れた企業はみんな同じになること。
ホームページで言えば、たとえばSEO(検索エンジン対策:1位になるための施策)かな。
SEOで順位を上げるノウハウが広がるとともに、競争が加速しました。当たり前です。みんな同じことをするので、ゴールが同じになるから競争になるからです。

藤村先生自ら、自分の職業はもういらなくなると話をされていて、私はびっくりしましたよ。
ロジックで規則性があることは、AI(人工知能)の方がはやく、正確に処理しますからね。だから、人間ができることは何かと考えて、人間にしかできないことを求めていくことが大事。

もちろん、何かを覚えるときにはノウハウがある方がいいから、ノウハウを学ぶのは大事です。でも、そこでとどまってはいけない。ノウハウをきわめて、その先に進もうっていうお話なのかなと自分なりに解釈しました。

圧倒的な行動は、裏切らない

そして、ゲスト講師は藤村先生のお話を証明するようなお二人。

1人目は、サッカー馬鹿と言われている、サッカーが大好きな美容師の勝村大輔さん。美容師が本業ですが、好きなサッカーのことを発信し続けて、なんちゃってサッカージャーナリストが本物のサッカージャーナリストになっていく過程を話されていました。

本気で圧倒的な実績を作ると決めて、行動し続けた話に圧倒されました。藤村先生は「愚直にすぐにすること」が大事とコメントされていましたが、勝村さんは本当にそうされていたのがすごいです。

2人目は半年一緒に学んだ高野洋一さん。大手企業に勤め、海外で超エグゼクティブな生活をしていたのに、すべて手放して小樽の実家の酒屋さんを継いだ方です。戻った当初は仕事が苦しくて、眠るのが怖かったという話をされてました。それがエクスマを学び、くり返しくり返し好きなこととお酒を結び付けたイベントを開催し、仕事が楽しくなっていった過程のお話でした。結果、社長であるお父さんとの関係もよくなったそうです。

私が惹かれた話はこちら(^^ゞ↓

とにかく行動。好きなことに浸る。ブレないで発信していこう。
いつも思うのですが、今回は何か胸の中に刻んだっていう感じです。

■余談 : 
エクスマセミナーのオープニングで使用された曲は、こちらです。藤村先生はモーツァルトの曲は明るい曲が多く好きでないと思っていたけれど、短調の曲もあるんだと思って好きになったそうです。

私は能天気オンナなので、明るくてきれいなモーツァルトのピアノ曲が好き。
トルコ行進曲は、こんな曲です↓

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ