ひとりでできる! SEO 〜 美女四天王再び

 

 Web・SNSのこと

「美女四天王で画像検索されたらおもしろいよねー」

それは、先日友人4人で行った小樽雪あかりの路での出来事。Twitterで発信するときに、どうしてもグループ名をつけたくなったんです。それで、友人が考えたのが「美女四天王」。これで検索したら、きれいなお姉さんの4人組の写真がたくさん出てきました。で、私たちもここに載りたいとふざけて話をしていたんです。

そのとき、私はふと思ったんですよ。本気でSEOをやってみようかなぁと。

すぐにみんなにお願いしました。TwitterでもFacebookでも、Instagramで発信するときは「#美女四天王」のハッシュタグを必ず入れてねって。

で、その後どうなったのか結果発表します。

ジャジャーン!

2018年2月24日現在、画像検索されるようになりましたぁ♪( ´θ`)ノ

グーグル画像検索の結果画面。見たことある人がいるでしょう( ^ω^ )

私が何をしたかというと、そんな特別なことではありません。
今日はSEOについて書いてみます。

※ワードプレスを中心に書きますので、アメブロなど使っている場合は当てはまらないかもしれません。

前提条件 〜 情報発信していること

SEOの前提条件は、SNSやブログで定期的に情報発信していること。
この畑のような土壌がないから、SEOはテクニックとお金に頼らざるを得なくなるわけです。逆に言うと、まめに情報発信していると、なんだか土壌ができていて、時が来ると花が咲き、実がなるという感じになります。

美女四天王は、エクスマ塾生が3人、エクスマセミナー体験者が1人という構成で、全員がFacebook、Twitter、Instagramをしていて、ブログも定期的に書いています。こんな環境で、4人ともハッシュタグ「#美女四天王」で発信を始めるんです。グーグルもちょっとは「おっ?何かあるの?」って興味を持ってくれるはず。

キーワードの検索数の確認

さて、ここからSEOのテクニックになるわけですが、まず検索されたいキーワードはよく検索されているかどうか考えます。これを「検索ボリューム」と言います。ボリュームがあるキーワードは、いろんな人が検索するので、ちょっとやそっとで一位になれないのです。

「美女四天王」ならば、検索する人もさほどいないと踏みました。本当はキーワードアドバイスツールなどで検索状況を調べるのですが、小樽で遊んでいる最中に、単なるノリでキーワードを決めたので、そんな調査のことは頭になかったです。はい。

記事を書くときに考えたこと

遊んでいる間、ハッシュタグをつけてTwitterをメインに投稿しました。これだけでは弱い。さらに「美女四天王」というキーワードと、私たちの写真の関連性を高めるためには、ホームページに「美女四天王」の情報が必要と考えました。

最近は、ホームページとブログを別物と考える人も多いのですが、ブログはホームページの仲間なんで、Web屋とグーグルは同じものと判断しています。なので、ブログを書きました。その記事がこちらです。

美女四天王、小樽雪あかりの路を行く

ここでのコツはこんな感じ。

タイトルに「美女四天王」入れた

ブログ記事のタイトルはSEOでも重要です。検索されたい文字を必ず入れます。そして、ブログ記事のできるだけ先頭に入れのがコツ。

で、なぜブログ記事のタイトルが重要か、専門的な話をします。
SEOでは重要なHTMLのタグがいくつかあり、その中でも下記の2つは重要とされています。

  • titleタグ
  • 見出しタグ(hタグ)

ワードプレスでは、ブログ記事のタイトルがtitleタグに自動的に反映されることが多いです。多いと書いたのは、制作者によって使うタグは自由なので、そうなっていないものもあるからです。

HTMLのtitleタグは、人間にはWebブラウザのタブで確認できる文字で、その記事全体のテーマを入力します。

Webブラウザのタブの拡大図

hから始まる見出しタグは、人間には大見出し、中見出し、小見出しみたいな感じに見えます。
見出しタグはh1からh6まであって、h1タグが大見出しに当たります。

ブログ記事のタイトルです。私のブログは、h1タグを使っています。

なんだか難しい話をしましたが、要はブログの記事タイトルに、検索されたいキーワードを入れるって話です。
「あら、意外とカンタンにSEOってできるのね?」と思っいませんか?

基本はこんな感じです。

そのほかにh2やh3などの見出しタグにも検索キーワードを入れてもいいんですが、、、キーワードを入れまくるのは過去のテクニック。今はグーグルも賢いので、見出しタグにキーワードが多すぎると、「コイツ、SEO狙いだな」とか判断するかもしれないので、ほどほどにしましょう。今回は、私はtitleタグとh1タグに検索されたいキーワードを入れてみました。

写真にはaltタグの設定をする

画像検索されたいのだから、写真と「美女四天王」を結びつけるために、alt指定をしました。

はっ?って感じですよね。

ホームページの場合、使っている写真を、文字で説明する必要があります。人間には見えなくても、機械のためにそうするんですね。それがaltタグです。たとえば、目が見えない見えない方は、音声読み上げソフトを使ってホームページの情報を得ています。音声読み上げソフトは、altタグに入力されている文字を読み上げますから、何の写真が配置されているのか説明を簡潔に入れるんです。
※昔は通信速度が遅かったので、画像を表示させない設定で使っている人もいました。画像が表示されないときにもaltタグに文字を入れてあるとだいたい何の写真かわかりました。

ワードプレスでは、写真を選択する画面で指定できます。「代替テキスト」っていうところです。

ワードプレスでalt指定をするときは、「代替テキスト」欄に入力します。

記事で使う写真にすべてに「美女四天王」と入力すると、これもまた不自然。グーグルに「SEO狙いだろう」と思われてしまうので、2点のみとしました。

私の戦略では、「美女四天王が小樽雪あかりの路を楽しみました」ってスタンスで文章を書き、適度に「美女四天王」が出てくるので、美女四天王っていうのがこの記事では重要なんだなーとグーグルに思ってもらうってことです。

SEOで重要なこと

とまぁ、今回は思ったように画像検索されるようになりました。

それで? って感じなんですがね。
一銭にもならないSEOをしてみましたが、なんかおもしろいんでいいんです。

グーグルに「美女って認められたよー(^o^)丿

あっ、こういうことは「嫌われる」こと覚悟でしてくださいね。しないか。。。私たちは発信中に、Twitterのフォロワー数が微減しました(;^ω^)

では、真面目な結びをします。

ちゃんと情報発信をし続けて、ホームページやブログがグーグルが存在を認めてくれるようになると、自然と検索の対象になってきます。

検索されたいと思うキーワードがあるならば、それをテーマにで文章を書きます。ここで重要なのは、ごくごく自然な日本語を書くとことです。古いテクニックでは、キーワードを入れればいいって感じでSEO特有の日本語の書き方がありました。今はそうではなくて、普通に文章を書く方がいいんです。人間、テーマに沿った話をすると、その話のキーワードが繰り返し出てきます。それが検索キーワードになると思ってください。
そして、その文章は読んでいる人に価値があることがいいと言われています。が、何が価値かわからないので、だいたい1000文字以上で、伝えたいことを書きます。

その上でまずは内部対策です。重要なタグにキーワードを使います。それで切り口を変えて同じキーワードで記事を書けば、このキーワードは重要なんだなぁと判断されて、徐々に検索順位は上がってくると思います。

こんな風に割と簡単に検索されるようになるので、検索順位に変動があっても何も不思議じゃないんです。ほかの人のかんばりで自分の順位が下がったりもしますからね。そんなものです。

何が何でも1位にならなきゃと、ついついがんばってしまうかもなのですが、それは厳しい戦いになるんじゃないのかなぁと思うんですよ。それよりも楽しんで情報発信している方がよほど精神的にも余裕ができていいのではないかと。その結果、順位がいつの間にか上がっていたというのが、私は理想のSEOだと私は思うんです。

 

 

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

「経営者の夢を叶えるお手伝いをする会社」。私は自分の会社をそんな風に思っています。
ホームページ、ブログ、SNSや印刷物は、みなさんの会社の価値をストーリーで伝える手段。その手段をなぜ使うかというと、ご自分たちの夢、想い、目標を実現したいからと思います。その手段を有効に活用できるようにするために、日々奮闘中です。

プライベートでは、ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ