実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

目標はゆるく、過程は楽しく ~ 大自然からの学び

 

 仕事力

フクロウは見れなかったけれど、ワシの大群は見れた。

これが私が学んだ目標達成の極意です。

何のことだか、さっぱりわかりません。
っていう人は多いですよね。
はい、説明不足でした。

昨日(3/23)は、半日かけて鶴居村→釧路湿原→摩周湖→川湯温泉→硫黄山→釧路市って回ってきたのですよ。野生動物とか植物とか、湖とか、大自然の中で過ごしたんですね。

そのときを振り返ったら、目標ってこんな仕組みで達成できるんじゃないかなってふっと頭に浮かんだの。こんな感じ↓

目標はゆるくこんな風だったらいいなと何個でも考えてみる。

そっちの方向に進んでみる

起こる出来事を楽しむ

大きな意味で目標は達成する

今日はそんなお話です。

行き先を決めたら、まずは進んで楽しむ

まず、自然を楽しみに行こうって決めないと、動けないじゃないですか。

ひがし北海道を切り取る専門家、みぃな(久末久恵さん)からの提案は、ふたつでした。

・鶴居村からフクロウが住んでいるスポットを回ってから、釧路湿原をぬけて摩周湖にいく
・鶴居村から直接摩周湖に行く

私は迷わずフクロウを見るを選びました。

行き先が決まったよ。
目的地にむかってGO!!

森にいるフクロウは見たことがないので、見てみたかったんです。二羽で木にいるフクロウって聞いただけでわくわくしました。

目的地に着くと、フクロウは留守。いつもいる場所にはいませんでした。

わかるかなぁ。
ちょっと木が膨らんでいるところが、フクロウさんがいつもいるところ。留守です。

少し残念。
でも、フクロウとアポイントを取るわけにはいきませんので、そのときの条件にあわせて臨機応変に対応する必要があります。「フクロウを見たかった」と嘆いても、「フクロウのばかー」と言っても無駄です。フクロウはフクロウの都合があるからです。

ここはあきらめましょう。

それでは次に向かいましょうと気を取り直して車で何分くらい行ったかなあ。
シカの餌場が見えました。何頭ものシカが食事をしていましたよ。そっと遠くから見ていると、顔をあげて「なんだよー、見るなよー」という表情をされたよ。

餌場にいたシカがこっちを見ています。
撮影 : 久末久恵さん

それからしばらくいくと、突然、ワシの大群に出会いました。木の上には雀のようにワシが何羽も止まっているし、空にもワシが待っている。すごーい。

じっと何かを見ているワシたち。
撮影:久末 久恵さん

みぃなの話では、何羽か飛び立ってきたあたりにシカの死体があるのではないかということ。
オジロワシとオオワシが大集合していました。こういうことはめったにないそうです。

じっと何かを見ています。

こんな感じでワシがたくさん飛んでました。

シャッターチャンスを狙って、ワシをおいかけているみぃな

こういうときは、まずカラスがやってきて食事をして、そのあとにワシがやってくるそうです。でも、ワシはカラスに「どけよー」とは言わず、ちゃんと領分を守るとか。自然の動物たちは、とくに相手に媚びることはないけれど、ちゃんとお互いのことを認識していて、調和しているのではないかと私は思いました。

自分のやりたいことに夢中になるあまり、周囲を押しのけてしまうなんてことはしないようです。えらいなぁ。

そうしてワシを見た後は、子どもらしいシカが一匹でじっとこちらを見ている姿にも遭遇しました。親とはぐれちゃったのかな。

さて、目的地の摩周湖に近づくにつれ、今度は天候が悪くなってきました。地吹雪が起こっています。もしかしたら、吹雪で近づけないかも。
それはそれで楽しい思い出になるのではということで、行けるところまで行こうということになりました。進んでみると、それほど天候は悪くなく、ぴりりっとした寒さの中、結氷している摩周湖を見ることができたのでした。

摩周湖。柵の向こう側には、結氷している湖が見えるよ。

真っ白な摩周湖

摩周湖の周囲も凍っています。

ひとつひとつを見るのではなく、大きな枠組みで見る

さて、私の今回の大きな夢だった、フクロウをみることは叶いませんでした。
これで旅の目的は達成していないかというと、そうではないんですね。

大きく考えてみると、ひがし北海道の自然を楽しむってことが目的でした。それはちゃんと達成しているんです。で、フクロウはいなかったんですが、こんなことは滅多にないってくらい集まっていたワシは見れたのです。野鳥を見るって考えると達成していると思いませんか?

で、私は学んだんです。

どこに行くか決めないと何も動けません。が、何かを決めると行動が始まります。ひとつの目標に向かって動くことはよいことで、わくわく感も生まれます。でも、達成するかしないかは未来のことなのでわかりません。達成しないかもしれない。それでも、向かうことが大事。そうでないと結果はわかりませんからね。で、目標を達成しなくても、その過程を楽しんでいたら、違う何かが得られるんですね。その後、よくよく考えると、当初のやりたかったことは、大きく考えるとできているんです。

硫黄山。
温泉が湧いてました。

大丈夫、自分の行き先さえわかっていたら、ちゃんとことは進んでいく。
そんなことを感じた旅でした。

それに、フクロウが留守というのは、またフクロウを見に来てねっていうメッセージじゃないかとも思うんです。また、会いに行くよー。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ