実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

ここで2017年度の振り返り

 

 白藤沙織のこと

気がつけば雪もどんどんとけて、冬のコートや冬靴ではなんだか季節外れに感じる3月の終わり。年度末のバタバタもひと段落して、なんとなく4月を迎えるわくわく感でいっぱいです。

2018年も1/4が終わりました。ここでざっくり私の3か月を振り返ってみたいと思います。

1月は初めて演劇をしてみたよ

1月はちょっぴりさみしい気分で始まりました。というのも、年明けすぐに劇エヴァの最終講が終ったから。劇エヴァは伊豆長岡で合宿が多かったので、私はよく品川に宿泊していました。最終講の翌日、私は品川駅にあいさつしてました。

「しばしお別れだね。バイバイ品川」

品川には少なくとも夏まで来ないと思っていた

それから、、、

比布町のエクスマ化プロジェクトで講演の機会をいただき、初めて師匠の藤村先生のつきまといも経験。

旭川空港にて、つきまといのレッスンを受ける

1月26日には新春セミナーで、お芝居をしたのでした。前日の練習ではやっぱりグタグタ感が残り、最後まで練習していましたが、本番はなんか違うものが乗り移ってたような感じがしました。

なんだかんだ言って、お芝居は楽しかったな

不思議と舞台が狭く感じて、わたし演じるのは好きなのかもなと思いました。そのあとビートルズ展にいき、行きたかったワークショップにも参加してと、思い切り東京を楽しんで帰りました。
しばらく、東京には来ないからね。。。そんな感じ。

1月は出張で初めて北見にも行きました。北海道中小企業家同友会の事務局の方も来てくれました。おまけにその方が、エクスマの仲間と友達で、たくさん話ができたのがよかったな。

世間ってやっぱり狭い。
そんなことを思った北見出張

2月も旅行三昧

12月末から、壮瞥町、北見、富良野、札幌、鶴居村の5箇所でSNS活用のミナー講師3の仕事をいただいていたので、3箇所目の富良野出張が2月最初にありました。
このとき、Twitterのツイートがきっかけで、昨年の6月にあったエクスマセミナーに来てくれた方が富良野のセミナーにも来てくれたという、うれしい出来事もありました。

そして、2月には3月の東京エクスマライブでのゲスト講師のお話がきて、スマホ片手にひっくり返りそうになっていたのでした。とってもうれしいのですが、私が東京で話ができるのかとドキドキしました。同じことをするのに、北海道と東京で何が違うのか。それはやっぱり東京は日本の中心で、テレビで見る場所っていう子どものころから持っている価値観なんでしょうね。北海道はホームだけど、東京というより本州はアウェイ。お芝居をするんだとわくわくしていた1月とは全然違う感覚でした。おもしろいな。

小樽雪あかりの路を楽しみ「美女四天王」でSEOしてみたり、網走に流氷も見に行って、楽しい時間を過ごしていました。

3月は忘れない思い出がいっぱい

北海道でがんばるぞーって思ってたら、東京エクスマライブのお話をいただき、もう天にも昇る心地になったり、不安が急に押し寄せたりと、心の中は忙しかった3月。

3月の最初には、北海道中小企業家同友会の札幌支部で、「採用に求められるホームページとは」というテーマで講演をしました。新しい切り口のテーマをもらったので新鮮でした。それまでは、どちらかというとお客様に響くホームページやSNSの話をしていましたからね。学生に響くホームページというテーマでしたが、本質は同じ。情報発信の本質は何か、改めて考えられてよかったです。

同友会では、新しい切り口での講演のチャンスをいただきました

演台から頭しか見えない。。。

そして、3月第三週は怒涛の出張週間。
1月に別れを告げた品川駅。案外はやく再会できました。

「品川駅、また来たよーー」なんかもう友だちのような、そんな感じです。

もはや友達の品川駅

品川駅は淡々と、多くの人の行き来を受け入れ、電車の発着を見守る仕事をしてるだけですが、私は勝手に愛を感じるのでした。
そうして、東京エクスマライブの本番を迎え、緊張しつつも自分なりに精一杯がんばったという思いでいます。

スクリーンに私が映っているのも不思議

2月の初めまで東京出張は考えていなかったので、この週は移動が半端なかったです。
札幌→東京→札幌→鶴居村→札幌→比布町というスケジュール。札幌に戻らなければ、もっと効率よく回れたのかもしれませんが、やっぱり私はお母さんの役割もあるので、娘と顔を合わせたいという思いもありました。

鶴居村での講演のあとは、ひがし北海道エリアに詳しいエクスマ仲間の久末さんと釧路湿原を通って摩周湖まで行き、大自然を味わいましたよ。
今年は野生動物にたくさん会いに行きたいと改めて思いました。

なんていうのかな、前頭葉で考えないで、私は自分が持っている五感すべてを使い切りたいって思ったんです。余計なものはそぎ落として、シンプルに感覚を磨いていきたい。そんな思いが湧いてきました。

そして、3月最終週は身体のメンテナンス週間。
身体には異常なく、それを喜んでくれる仲間もいてよかったなぁと思っているのです。ありがとうございます。

2018年のスタートは、新しいことをたくさん体験しました。
この経験が活きてきますように!

※写真はTwitterの投稿からもお借しております。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ