実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

会社やブランドはいずれ消える。その時何を見て、何を聞いて、何を感じたいですか? 【2018.3.25 比布町エクスマセミナー

 

 エクスマ

時代は変わっている。明日のこともわからない。
住んでいる町だってなくなっている。

こういう時代に、必要とされる存在になるには、何をしたらいいのか。

3/25 比布町エクスマセミナーでは、藤村先生からこんな問いかけをもらいました。

そして、いろんな体験をして、知識を増やして、本気の危機感を持って、イノベーションを起こす。
そのためには、常識から逸脱してみるとか、再現性のない価値を自分の中にみつけるとか、いろいろな提案がありました。

いやー、そう言われてもわかんないよー。
こんな声も聞こえてきそうですね。

って、実際に私もそうかなぁ。がんばろーという気持ちは満々ですが、さて何をしたら再現性の価値がみつかるんだろうかと、まだまだ模索中です。

オープニングの映像の一部。Cool Struttin’のこのシーン、東京では見れなかったから、うれしい。

講演中の藤村先生。
この表情めっちゃ好きです。

今からできる好きなことの発信

今回のセミナーでは、今すぐできる好きなことの見つけ方のスライドもありました。

まずは3つに分けて考えてみるんだよ

「好きなこと」「得意なこと」「やるべきこと」に分けて、考えてみる。実際に紙に書き出してみる。それがいいよと。

スライドは、山本やすぞうさんの事例です。

山本さんは「大河ドラマ税理士」と言われていて、大河ドラマから学ぶビジネスをテーマに講演もされているし、ブログもおもしろいんです。

あれ?見たことあるって思った方は、私のブログを読んでくれてますね!

3月20日に東京のエクスマセミナーで、一緒にゲスト講師をした方。劇エヴァの記事では、ほとんど登場してもらってます。

山本さんの例をまねて書いてみるとこんな感じ。

2017年の8月に書いたもの

半年ほどたって、私はどう変わったかな。書いてみまいた。

「どんなに些細なことでもいいから書いてみて!」
というわけで、頭から出てきたことを書いてみた。どう組み合わさっていくかなぁ。
(あっ北海道弁だ)

好きなことと得意なことが、なんか混ざってる感じがします。

そして、書き出したものを、無理やり組み合わせたり、とりあえずやってみたり、結果を考えずに楽しんでみるんです。

わぁー、おもしろそうです。同時にこれを人に伝えると、めっちゃ怒られるかもしれません。「まっ、何でもいいからやってみてください」って感じだから。行動がいかに大事かっていうメッセージが含まれていると思うんですが、真面目な人は受け入れられないかもしれません。

でもね、社会は変わり、そのうちAIいろんな仕事を代替してくれるようになる。時代はこの方向に流れています。人間味がないだの、愛があふれるのはアナログだの、そんな昔を懐かしんで留まっている間にも、どんどんデジタル化は進んでいます。デジタルにも愛情を!(笑)

  • うちの業界はこのままではやばい
  • 市場は右肩下がりで縮小するよ
  • 付加価値を見つけよう
  • 今すぐ変わるとき

というような話を、私がWeb屋になった10年前から聞いてますが、、、

この10年、「おぉーーー、変わりましたね」というような事例にはめったに出会うことはありません。
相変わらず、「うちの業界はこのままではやばい」「インターネットでモノを売ろう」という議論がされているように思います。

5分でも10分でも時間を作って、好きなこと、得意なこと、やるべきことを書き出してみようよう。そして、明日の朝にそのうちの1個について書いてみると、ちょっとだけ変わるかもしれません。

じっくり考えて10年経っちゃうよりは、さっと考えて5分で行動した方がいいのでは?小さなことでいいです、未来のために何かをやってみましょうね。

倒産寸前だと、もう何でもやりますからね。命削ってブログ書きますよ。
売り上げ伸びるならΣ(-᷅_-᷄๑)。
だって、お金がないんだもん。明日食べる物を今日探すような日々はしんどいですよ。わたし、数年やってました。

あっ、横道にそれました。

ちゃんと存続するために

比布エクスマセミナーのゲスト講師は、釧路で車屋さんと飲食店を経営する嶋倉真人さん(タイソン)。タイソンの話は超おもしろかったな。
とくによかったのは、エクスマ思想を勘違いしないでというお話。

このスライドが一番響きました。

「遊びのような仕事。仕事のような遊び」を「遊びのような遊び」と勘違いしてしまうと、仕事には結びつかないのです。タイソンの投稿はめっちゃおもしろいのですが、飲食店は楽しさが伝わるのでよいのですが、高額商品の車は遊びだけでは伝わらないそうです。仕事に対する想いや専門性が大事だと。
こんなビジネス論を筋肉と無理やり結び付けて、楽しそうに話すタイソンは、エクスマを実践していると思いました。

想いや考えをしっかり伝え続ける。大事ですね。

もうひとつは、比布町の町長村中さんと、比布町役場でエクスマ化リーダーの黒瀬さん、藤村先生のトークショーでした。

3人のトークショー。比布でしか聞けないお話です。

政府は自治体を減らす方向で動いている。その動きの中で、比布町が必要とされて、残るにはどうしたらいいのか。そのように考えたときに、普通の町起こしをしていてはだめだと思って、藤村先生にコンサルを頼んだそうです。

比布町でなければ会えない人
比布町でなければ見れない景色
比布町でなければ食べられないもの

それは何か

そういう考え方で、日々過ごしていたら、独自のものがだんだん出来上がるのではないかな。

そんな取り組みの一つが、「だってぴっぷなんだもん」
ぴっぷのまちとおいしいものを探し求める「ぴっぷのグルメ」と「課長」シリーズの動画が配信されています。

http://www.town.pippu.hokkaido.jp/cms/section/soumu/i9kb6d00000085r5.html

(こんな町のホームページが作れたらいいなぁ。。。楽しそう。。。ひとりごと)

さおりん周辺エクスマ化計画

参加者が少なめのコンパクトなエクスマセミナーだったので、参加している方ともとっても近く感じました。そして、ここで重大なことがわかりました。

株式会社正文舎 総務部の下田千明が、エクスマ塾に参加するというのです。
総務と経理を担当している下田は、自分は営業とか販促をしているわけではないので、エクスマ塾に行ってみたいけれども、会社としていいのかどうか迷っていたようです。

会社からエクスマ塾生が誕生する予定です

「個人的には行きたいんですが、、、」と話していたので、「行っちゃえば~」と答えた私。
はい。そう答えましたよ。その後すぐに申し込みを完了したそうです。

比布町に向かう道では、自分で車を運転して会場の「遊湯ぴっぷ」に行くシミュレーションしていました。

「命削ってブログ書け」の時代から変わったなー。
なんか自分からエクスマに行きたいなんて変わったなー。

遊びのような遊びじゃないからね。
遊びのような仕事、仕事のような遊びだからね。

私もがんばろっ。刺激的なエクスマセミナーでした。

人気のゲスト講師にムリヤリ写真を撮ってもらった図。
と見せるように強要されましたぁ。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ