実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

リスティング広告の入札ってよくわかんないよね ~ 勉強編

 

 Web・SNSのこと

リスティング広告は、販売促進のために自分のホームページやブログを検索エンジンの結果画面に常に表示させたり、アメブロや食べログ、教えてGooなどのポータルサイトで広告するときに使います。

検索結果画面に出す広告を「検索連動型広告」、ポータルサイトに出す広告を「ディスプレイ広告」って言います。

検索連動型広告は純粋に広告したいときにも使いますが、検索順位がなかなか上がらないときに利用できること、ご存知ですか?

自分のホームページやブログを作ったばかりなんだけれど、すぐに検索結果画面に表示させたいって思いますよね?ホームページを作ったばかりだと、順位は上がりづらいこともあるので、順位が上がってくるまでは、リスティング広告で検索エンジンの結果画面に表示させておくんです。全然検索結果画面に表示されないより、選ばれる確率が上がるから。

だいたい3カ月くらい、リスティング広告で表示させておいて、その間にがんばって情報発信を続けるとよいかな。そして、検索エンジンの結果画面にホームページやブログが表示されたら広告を止めるの。

あっ、もちろんGoogleなどへの広告費は必要で、自分で出稿するか代行会社に頼みます。本格的な広告運用をしないときは、専門の広告会社に頼まないで、自分で出稿したいですね。代行費用を抑えたいからね。
でも、リスティング広告のしくみは、なかなか理解できないんだな。難しい。。。

というわけで、私、リスティング広告のプロ中のプロに詳しく習ったので、ブログにまとめておきます。

日々、勉強しなきゃね

※Googleアドワーズの例で書きますね。

上限クリック単価、平均クリック単価ってなんだ

上限クリック単価というのは、いわゆる入札単価です。広告出稿中には、これ以上のクリック単価にはなりません。「1クリックいくらで広告を買います」っていうこちら側の意志表示です。たとえば、入札単価を「100円」と設定したら、クリック単価が100円を超える金額は請求されません。

平均クリック単価というのは、表示された広告に対してユーザーがクリックしたとき、つまり実際の単価です。

は???

混乱しちゃいますね。なんで入札単価じゃないの?

では、ここでリスティング広告のしくみをざっくり解説します。

リスティング広告も、ディスプレイ広告も、表示されるときに瞬時にオークションが行われています。特定のキーワードに対して、何社も入札しています。で、対象のキーワードで広告枠に広告が表示されるときに、オークションをして評価が高い順番に広告が表示されていきます。
※プログラムだから、繰り返し何度も瞬時にできちゃうんですね。

さて、このオークションの評価って、どのようにされているのでしょうか。

Google独自のシステムで、入札単価(上限クリック単価)と広告文を評価して広告ランクが設定されます。毎回のオークションで、広告ランクが上位のものから表示されていきます。

じゃ、広告ランクはどうやって決めるの?

といいますと、こんな式で計算されています。

広告ランク = 入札単価 × 品質スコア

品質スコアは、設定したキーワードが、広告したいホームページやブログや作成している広告文とどの程度関連性があるのか、これもGoogleが評価しています。
Google
アドワーズのヘルプによると、下記の3つが関連しているそうです。

  • 推定クリック率  ※どのくらいクリックされるか
  • 広告の関連性   ※広告文とどのくらい関連があるか
  • ランディング ページの利便性 ※リンクしているページがどのくらい役に立つか

で、広告主Aが入札単価300円で品質スコアが7ならば、広告ランクは2100になります。
広告主Bが入札単価150円で品質スコアが10ならば、広告ランクは1500です。

広告主Bの方が品質スコアが高くても、入札単価が低いと広告ランクは広告主Aの方が高くなり、広告は上位に表示されます。

で、続きがあります。

オークションが行われて、順位が決まったとしましょう。
その順位によって、実際にクリックされたときの単価が決まります。

実際にクリックされたときの単価 = 直下の広告主の広告ランク ÷ 自社の品質スコア +1

広告主Aの広告のすぐ下に表示されている広告が、広告主Bのものだとしましょう。
そうすると、1500÷7+1で、平均クリック単価(実際の単価)は約215円になります。

ふーん(‘ω’) って感じですね。でも、そんな風に決められています。

Googleには「キーワードプランナー」「キャンペーンプランナー」というツールがあって、広告出稿のシミュレーションができます。

ちなみに、うちの会社でもリスティング広告のお仕事しております。
が、私はリスティング広告はあんまり得意じゃないから、運用は担当していません。だから、詳しいことはあんまり突っ込まないで~~。

苦手なものは苦手じゃ

ちゃんとプロがいますので、ご安心を。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ