実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

トラップシスターズの東京物語

 

 白藤沙織のこと

北海道民にとって、東京は大都会のイメージ。
なんとなく別世界に足を踏み入れる、そんな感覚でいる人が多いのではないかなぁ。

短パン社長とオンデーズのコラボサングラスの特典で、オンデーズサミットの参加権利を見事ゲットした私は、どうやって行こうかなぁ、場違いじゃないかと若干不安になりました。

が、北海道からは、太田恵美さん(めぐっちょ)、菅原裕子さん(ブラン)が行くというではないか。これは心強い!。早速、連絡をとって3人で行動することにしましたよ。

結果、「誰といるか」って重要だなと思った旅になりました。

第1日め スマートカジュアル

前回のブログ記事では、「ドレスコードはスマートカジュアル」とさらっと書いたけれど、サミットの参加申し込みフォームで「スマートカジュアル」って文字を見たときは、私、ビビったんですよ。

スマートカジュアルって何?

賢くて形式ばらない服?

なんて日本語にしている場合じゃないよ。どんな決まりなのーーーー?

ここは仕事のことを質問したら、「ググれ!」って答えが速攻で返ってくるWeb業界にいる私、調べることには慣れてます。

早速グーグルさんに聞いてみました。

そうしたら、「カジュアルエレガンス」だの「スマートカジュアル」だの出てきましたよ。上流階級の人は、わけのわかんないこと決めるのが好きだねぇとか思いましたが、ここは郷に入っては郷に従えでいきましょう。大人だもん。

さて、仕事の関係で長野県から東京に移動した私。そろそろ二人は羽田空港に着いたかなって頃にメッセージしてみました。

すると、、、ドレスコードを知らない人がいた(*´▽`*)

ドレスコードなんて、あんまり経験ないのでアタフタする三姉妹

「それって何さ?」って、気持ちわかるなぁ(>_<)

3/20に着たワンピースならば大丈夫って、エクスマセミナーあってよかったわ。

もっと前にこの話をしているとあわてなかったのになぁ。

ブランは、羽田空港で淡路島のお洋服屋さんの長谷川待子さんにメッセージして、持ってきた服でドレスコードに抵触するかどうか確認したとか。
それにしても、「さおりんに教えてもらうなんてやばい」って、失礼じゃあありません?(笑)

で、仕事が終わり、すっかり日も暮れたときにこんなツイートを見たので、ひとりでホテルに行けるか不安になりました。

夜にひとりでホテルにつけるか不安でしたが、、、

遅くにホテルにたどり着き、無事に合流!
待っててくれてありがとね。

第1日目から、笑いが止まりません。

第2日め 迷走

道を歩くとき、一番しっかりものはめぐっちょ。常にスマホ片手に歩きます。話をすると、人を迷わしてしまうのが私。そして、道に関しては何も言わないのがブラン。

この3人組が天空橋のホテルから、新木場のサミット会場に向かうとどうなるかと言いますと、、、トラップにはまります。

京急線の改札に間違えて入ってどうにもならず、天王洲アイルではなく、反対方向の羽田空港までいって、モノレールに乗り換えるおまぬけな3人。

それでも、その後は順調でちゃんと会場に着きましたよ。

で、スケールの大きいサミットに驚きつつも、学びを深めました。

サミットのあとは、会場で会った人たちと東京駅でご飯。東京駅までは間違えようがないのですが、、、再び、帰り道に3人になるとこんなことをやらかすのでした。

第3日目 春の嵐

2日目の夜、一緒にご飯を食べたエクスマ仲間の高橋陽子さん(すらみん)のアドバイスで、横浜に行くことになっていた私たち。。

が、この日の東京は春の嵐が吹き荒れ、あいにくの空模様。それでも、朝ごはんを食べてチェックアウトするまでは横浜に行こうと思ってましたが、、、
ホテルを出て天空橋駅に着く約5分ほどで、心が折れました。

電車が止まったら大変だしということで、羽田空港に直行。
楽しい人たちといると、どこでも何でも楽しめます。

お昼ご飯は中華にして、横浜中華街にいる気分になるなんて安上がりの私たち!

こうして、羽田空港にいること11時から17時までの6時間、たっぷりと楽しんだのでした。
そして、旅は終わります。

で、ブランと別れたあと、私はベンチで寝てしまい、、、
気づいたら、優先搭乗も終わり、一般搭乗が始まってたのでした。

あぶなかったなーーー。

思い出いっぱいの旅を終え、またみんなで遊べるように、お仕事をがんばろーと思った次第。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ