実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

ホームページを持つメリットとは

 

 Web・SNSのこと

「高いお金を出したのに、さーっぱりホームページは効果がない」
というお話を聞くことがあります。

やっぱり、ホームページは作っただけでは効果がないんです。

それは高いお洋服を買って一度着たけれど、その後はクローゼットに入れたままになっていることに、似ているように思います。

いろんな場面で着てみなきゃ、そのお洋服の価値ってわからないし、人に与える効果もわからないですよね。

では、ホームページのメリットって何か。
私、考えてみました。

この白いワンピース、一度きりで終わってはもったいない。

どこに着ていこうかな。

ホームページは商談の場

ホームページが得意なことは、

商談」。

って、思います。

トップページを見ると、何屋かわかる。そして、どんなことが掛かれているかメニューでわかる。ここがポイント。

facebookTwitterInstagramなどのソーシャルメディアがあるから、ホームページはもういらないよ。そういう考え方もあります。

ソーシャルメディアは人間関係を作っていく場所。自分の商売の話ばかりしていたら、敬遠されてしまいます。

中にはソーシャルメディアの情報発信だけで、商売ができる方もたくさんいます。
ソーシャルメディアを使い倒している方々。
そのような状態にするためには、毎日かなりの情報を発信し続ける努力が必要です。

ホームページを持つメリットは、興味をもった段階のお客さんに自分の仕事をわかってもらいやすいことです。潜在的なお客さんもそうですが、マスメディア、銀行などのステークホルダー(一応、こんな言葉も知ってます)にも、情報が届けやすいです。私、自分のファンになってくれる人たちばかりが、読者さんではないと思っているのですよ。なんて言いましょうか、本気の商談を始める前に下調査をしている人は案外多く、そういう人たちはコンタクトをとってきませんが、いろんな情報を集めています。で、これはってタイミングでお声をかけてもらえるですね。

ソーシャルメディアは交流の場だから、プライベートなことものせていたり、ご飯の写真があったりします。とっても面白いんだけれど、仕事のことはさっぱりわからないって場合があります。
ブログも日々切り取った情報を掲載するので、記事を複数読まないとお仕事の内容は伝わってこないときがあります。

だから、ホームページで自分は何屋なのか、全体像がわかるようにしておくとわかりやすくなるんですね。

それにね、仕事はどこから発生するかわからない。

ソーシャルメディアを使っていない方は、検索エンジンを使って情報を探すので、ホームページがあるといいです。

とくに自治体、政府系機関、大手企業は会社からソーシャルメディアにアクセスできない場合があるので、そういうところとお仕事したい場合は、ホームページは必須です。

自治体とは仕事しないよって方も、まわりまわって仕事につながることもあるんだな。私はそんな感じで、仕事をいただいたことあります。そう何が起こるかわからないんで、私はインターネット上に自分の媒体を複数持つことを勧めているんです。

ワードプレスなどブログを主体にして、固定ページでホームページのような機能を持たせる方法もあります。これって、現在のホームページの必勝パターンだと思います。

ですから私は、
ホームページは、まじめな商談をする場と考えています。

ここが信頼度につながっているのかなと。
それが高いお洋服を買ったメリットかなと思うんです。

自社でコントロールできるツールを持った方がよい

集客だけを考えるのであれば、
ブログサービスを使ったり、facebookTwitterで十分って私も思います。

もともと人が集まっているのですから、情報が広がりやすいからです。

また、無料で使えるので、ランニングコストがかかりません。
でも、これらのサービスは他社さんのサービス。
いつ、どんな形でサービスが変わるかわかりません。
facebookやTwitterも、運営会社の都合でどのように変わっても、こちら側は受け入れるしかないんです。
だって無料だから。

ランニングコストがかからないのがメリットなら、自分でコントロールができないのがデメリットです。

不幸にして、集客できていたサービスが停止になったとしても、
自社のホームページがあったら、集客がゼロになることはありません。

ですので、私は小さくてもよいからホームページを持っておくといいのでは
そう思います。

放置しても問い合わせがあったりする

最後に、これはニッチな市場で競合他社があまりいない場合に限りますが、ホームページを開いているだけで、お問い合わせがくることがあります。

うちの会社、
とあるサービスのホームページは、少し前まで10数年前に作ったままにしていました。

あまりにもニッチな市場で、競合他社がほとんどいないので、そのしょぼいホームページからでも、お問い合わせをもらっていました。

もちろん、しょぼくて更新もしていないので、頻繁に引き合いがくることはないですがね。

でも、みつけていただくってすごいなと思います。
ありがたいです。

河原にひっり咲いていた桜。うちのホームページもこんな感じ。見つけた人だけ見つけられる。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ