実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

すべてにいい人になろうとするから、コトがめんどうになると思う

 

 仕事力

仕事ができる人に仕事が集まるとよく言われます。確かにそうですね。
能力があるから、いろんな仕事がくるし、それができるからですね。

ですが、、、
雪だるまのように、仕事がどんどんどんどん増えている状態は、仕事ができるなとはちょっと違うんじゃないかって思うようになりました。

なぜ、電話や打ち合わせの時間が長いの?
なぜ、スケジュール通りに仕事が進まないの?
なぜ、プロジェクトメンバーが仕事の内容を知らないの?

「仕事が忙しいから」といか把握していないと理由がわからないかもしれません。
「忙しいとはどういうことなのか」と問題を具体的に分解していくと、どんどん増えてしまう理由が見えてきます。

札幌駅近くのホテルからみた風景。こうみると美しい街だなって思います。

仕事を複雑にしているのは、あいまいな言葉かも

仕事が複雑になってしまうのは、「いい人」だからではないか。私は今そのように考えています。
その結果、雪だるま式に増えてしまうような、そんな感じです。

どういうことかと言うと、

お客様の前ではお客様に嫌われないように、スタッフの前ではスタッフに嫌われないように、外注さんの前では外注さんに嫌われないように、そして上司には上司に嫌われないようにふるまっていると、あるとき破たんします。
あいまいな言葉を使い、普段はいい人、できる人ほどこの傾向は強いかな。

たとえば、外注さんから材料を仕入れて、月末に納品しなければならない案件があるとしましょう。
お客様の納品希望日が若干無理があり、間に合わない可能性があったとします。

そのときに、まずはお客様に納品が間に合わないかもしれないと伝える必要があります。
ですが、「なんとかやってみますね」とだけ伝えているかもしれないのです。

お客様は自分の好きなように解釈するので、「なんとかやってみます」は「納品できる」と解釈してしまうでしょう。きっとね。
ここでまず、お客様に対していい人をしてしまって、トラブルの原因を作ってしまいます。

会社に持ち帰って、製造現場のスタッフと相談したら、
「材料を15日までに渡してもらわないと、納品できません」と現場に言われたとします。
「まぁ、なんとかするからがんばって」と、なんとかならないかもしれない可能性を自分から打ち消すような発言をしてしまうかもしれません。いい人でいたいから。

しかし、もともと無理なスケジュールなので、外注さんに言いづらいとしましょう。
このとき、外注さんに「15日までに材料を納品してください。遅れるとこちらもお客様に納品できないのです。」とはっきり伝えると、スケジュールが明確になり、断られるかもしれません。そうなると、お客様に言ったことを取り消さなくてはならないくなるので、ついついあいまいにこんな感じで話したとします。

「まぁ急いでいるんですが、中旬までに納品してください」。

あいまいに伝えると聞いた相手はどのようにでも解釈できるので、自分に都合よく解釈してしまいます。中旬だから20日でもいいかなかぁとか思ってしまいます。ここでまたトラブルの原因ができます。

で、15日になって材料がなかったときに、現場は仕事ができないので問い合わせをします、、、
そこでちょっと不機嫌なスタッフをなだめ、自分でもやばいと思います。ここでもストレス
それを外注さんに伝えて、「何とか明日中にお願いします」など段取りをし直し、、

と、しわ寄せがどんどんきてしまいます。

それで急ピッチで納期に間に合わせた結果、ミスが発生したということになるかもしれず、、、
ミスが発生すると、またお客さんとの調整が必要になります。

こんな調子で、いつも何か調整しているようなケース、思い当たりませんか?

最初にお客さんに、納期は間に合わないと伝えるとか、日付をはっきり告げて外注さんに急いでもらうとか、スタッフに事情を理解してもらうとか、明確にしておけば初回にスケジュール表を作っておくとスムーズに進んだかもしれません。

無理とか、難しいとか、何とか条件を飲んでもらうときには、ちょっといやなムードになることもあります。ならないこともありますがね。それでも、最初にいやなムードになっても挽回できると思うので、いやな役目をさっさと終わらせてしまった方がよいよなと私は思います。

「嫌われるときは、何をやっても嫌われる。」
場面・場面でいい人をしても、最後がうまくいかなければ結局嫌われます(;´∀`)

多少言いづらくても、はっきり言った方がよいですね。

いい人をやめちゃった方が、何だか仕事はシンプルに進み、かえって信頼されるかもね。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ