想いを叶えるのは案外簡単なんじゃないかと思う ~ ひすいこたろうさんの講演会より

 

 白藤沙織のこと

子どもの頃、何かをやりたいって大きな夢を持っていても、大人になるにつれどんどん忘れていってしまうのは、いろんなことを考えすぎて、「今この瞬間」を大切にできなくなっているんじゃないかなぁと思います。

売り上げノルマだ目標だと仕事ではプレッシャーをかけられていると感じ、子育てでは子どもが何ができないとダメだと将来を心配し、「でなきゃ」とばかり思っていては、今を見失っていますね。

私、超ご機嫌にひとりで遊ぶ子どもだったんですが、それではいけないと教育されたようで、気がつけば人の顔色を気にするいい子になっていたんですね。大人になるということは、難しい顔をしていなきゃダメというメッセージを間違って受け取ってしまったみたいなんです。

時がたって思うのは、将来の準備のためにせっせとつらいことをするなんて、ちょっと違うんじゃないのかなってことです。「仕事は辛いものだ」「目標を立てて頑張らなきゃ」。その場面を切り取るとそういうものなんですが、、、
行動もするし、なりたいものにむかっていくときはときにはストイックになる必要もあるんですが、、、

そもそも、何のためにするんですか?ってところを忘れていてはうまくいきません。

超ご機嫌にストイックな生活をしてもいいわけです。
超ご機嫌に売り上げノルマを達成してはだめですか?

廃材で紙商品を作る研究中。業務中ですが、めっちゃみんな笑ってました。

そんなことを感じ始めて5月が終わったと思ったら、、、
洞爺湖で1泊2日の合宿や講演会と「ひすいこたろうさん祭り」のような6月の幕開けで、この答えを得たように思います。
6月は私の誕生月。ひすいさんと直接お話したり、素敵な仲間たちとまなゆいセッションができたのも、そして講演会のスタッフができたのも、絶妙のタイミングで必然だったと思うんです。

洞爺湖まなゆいピクニックのメンバー。本音と向き合うのは涙することもありますが、そのあとは心は軽いです。

今この瞬間に、一番したいことをする

ひすいさんの「予祝のススメ 前祝いの法則」という本の283ページに「おまけの話」が載っていて、「いつか本当にやりたい仕事を手に入れたい」と願っている男性の話が出てきます。

カウンセラーのケルマデックさんという方は、4つのルールでその男性のしたいことを掘り下げていき、一番したいことができる環境を作っていったのです。4つのルールはこんな感じです↓

ルール1 今一番したいことをしてください

ルール2 わからないことはしなくてよい

ルール3 できないことをしなくてよい

ルール4 無理はしなくてよい

一番目にしたいことは何か。
それがわからないなら二番目にしたいことは何か。
それができないなら三番目にしたいことは何か。
それが無理なら四番目にしたいことは何か。

こうやって、4つのルールを適用しながら、したいことを掘り下げていったそうです。

そうすると、十五番目に彼は「おいしいコーヒーが飲みたい」と言ったそうです。これならば今すぐできると確認し、プルマンという喫茶店に行き、コーヒーを深く味わったそうです。「一番したいことをしている」と感じながら。。。

そうして、ちょくちょくブルマンに通ってコーヒーを深く味わっているうちに、人生に変化が起きて、最終的にはしたい仕事を手に入れられたというのです。

すごい深い話だなぁと思いました。

辛いことじゃなくて、したいことをする

4つのルールは最強だと思っていて、何かをするときにこのルールを適用するとものごとうまくいくと確信しています。

たとえば、売り上げノルマだったとしましょう。
たとえば、あなたは1年に1500万円売り上げてくださいと言われたとします。

今まで一度も1500万円を稼いだことがなければ、ここで気が遠くなります。
何をしたらよいのかわからなくなるんじゃないかな。

それでも、「がんばりまーす」って言って過ごしていたとしても、たぶん月末になって「今月もノルマを達成できませんでした。来月気合を入れてがんばります」とか言うことになり、それがずっと続き、年度末になって「がんばりましたが、売り上げが達成できませんでした。努力不足です。すみません」で終わっちゃう確率は高いです。

ここでですよ。
1500万円を稼ごうと決めたとします。ここは重要です。やらされるって思ったら、辛いだけです。

まあまあ1500万円稼ぐために、できることは何かって考えるんです。
いくつか何でもいいから書き出してみて、リストを作ります。

そのあと、一番やりたいことをする、方法がわからないものはしない、できないことはしない、無理はしないと分類していって、できることは何かと探していって、今すぐできることをしてみるといいと思うんです。

お客さんにメールレターを送ることならできるかも、
販売用のチラシを作ることならできるかも、
チラシを何人かに渡すことならできるかも、

そんな風に小さくてもいいからできることをひとつひとつしていくんです。

そうすると、充実感が違うと思うんです。

「がんばりまーす」と成り行きで行動して、「あー、1500万円にまだ達しない」とか悩んでいるよりも、
「これもできたぞ」、「あれもできた」と自分の行動を確認していくんですね。これが「今この瞬間」に集中することです。

できたがたくさん重なっていくと、自分の気持ちも変わりますし、行動が変わっているので、結果も変わります。
私はそう思うんです。

私のささやかな経験からそれは実感しています。
自分の会社が倒産しかかったとき、「ブログなら私は書ける」と思ってやってきたことが始まりでした。
ここのポイントは、ブログが売り上げアップに効果があるからブログなら書けると思ったわけではないんです。私の場合は書くことが好きだから、ブログを書きたいと思ったんです。
だから、きっとそれなりに実績が上がったし、今でも書いているんですね。

理由は人それぞれだから、書くことが特別に好きじゃなくても、ブログをなんだか楽しくやれそうだと思ったら大丈夫ですよ~~。売り上げのためにブログをいやだけど書くという気持ちならば、「無理なことはしなくていい」ルールを適用したらよいと思います。

というように、会社のノルマなどなんだかプレッシャーだなって思うようなことでも、4つのルールがあるゲームのように考えてみたら、超ご機嫌で挑戦できるかもしれないなって思うんです。

究極、想いを叶えるためにすることは、「今一番したいことをする」ってシンプルなことなのですね。

ひすいこたろうさん講演会のスタッフです。二次会も楽しかったなー

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

「経営者の夢を叶えるお手伝いをする会社」。私は自分の会社をそんな風に思っています。
ホームページ、ブログ、SNSや印刷物は、みなさんの会社の価値をストーリーで伝える手段。その手段をなぜ使うかというと、ご自分たちの夢、想い、目標を実現したいからと思います。その手段を有効に活用できるようにするために、日々奮闘中です。

プライベートでは、ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ