何も書くことがないと思ったときに、やってみたらいいこと

 

 Web・SNSのこと

ブログやSNSを続けるときに何が大変かというと、ネタ探しですよね。たぶん。
何を投稿したらいいのかわからないという場合も多いのでは?
今日はブログやSNSのネタ集めをどうしたらよいか、その方法を書いてみます。

ネタはどこにでもあるよ~。出張のついでに、築地市場で友人と遊んだとかね

何も取り柄がない会社が続くわけがない

商品やサービスの付加価値を広く知ってほしいのに、

「うちは新規事業をするわけでもないし、
 宣伝することなどない。
 新しいことはない。」

と言ってしまう方がいます。

それはもったいない話です。

新しいことが何もない、停滞している企業が成り立つと私は思わないのですよ。
お客様がいて、商品やサービスを買ってくれるということは、必ずよいところ、価値があるんです。記事にできることがあるんです。

ただ、日常に慣れすぎて、すごいことに気づいていないだけ。

行き詰まりを感じたときは、「よいこと」探しを徹底的にしてみましょう。

どんなささいなことでもよいから、紙に書き出してみるのです!!

うちの会社のよいことは何かな?
スタッフのよいところは何かな?
どんないいことがあったかな?
自分の仕事でよかったことはあったかな?
何か新しいことはあったかな?

今まで考えたことがないと、なかなかみつからないかもしれません。

最初は、会社の近くにおいしいお店ができたとか、周りでお花が咲き始めたとか、会社の椅子が新しくなったとか、そういうことでもいいんです。

または、会社の机が新しくなったとか、新しい社員が入ったとか、そういうことでもいい。

あるいは、何事もなく平和な一週間が終わった。そういうことでもいいので、書き出してみるのです。

いつも問いかけていると、みつかります。
感覚が磨かれてきます。

そうしてみつけたことを記事にしてみるのです。
自慢に聞こえるかもという心配もあるかもしれません。

でも、、、

よいところを伝えないと、お客様はわからないんです。
同じ商品やサービスであったら、楽しそうな会社から買いたいと思いませんか?

まずは自己満足でもよいから、よいところを綴ってみませんか?

書いているうちに、だんだんとお客様に喜んでもらえるテーマは何か、考えるのが楽しくなると思います。

(私はいつもこれだな)

書いた記事に対して感想をいただければうれしいですし、反応がないと、なぜ反応が考えるきっかけになりますから。

そもそも、ブログやSNSの新米が投稿を始めたばかりでは、反応がないのが当たり前だからね。

「誰も読まない」を前提にして考えると気楽です。張り合いがないかもしれませんが、練習して慣れた頃に、きっと読者が現れますよ。

そうそう、スマホを肌身離さず持っていて、こまめに写真を撮ることも忘れずにね。大事ですよー。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

「経営者の夢を叶えるお手伝いをする会社」。私は自分の会社をそんな風に思っています。
ホームページ、ブログ、SNSや印刷物は、みなさんの会社の価値をストーリーで伝える手段。その手段をなぜ使うかというと、ご自分たちの夢、想い、目標を実現したいからと思います。その手段を有効に活用できるようにするために、日々奮闘中です。

プライベートでは、ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ