実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

世の中はAとBだけではない。選択肢はいっぱいあるよ。

 

 仕事力

報告・連絡・相談。
いわゆる「ほう・れん・そう」
仕事ではこれが大事! って思っている方、多いですよね。

そして、「スタッフから、報告がない」って悩みがある方も多いはず。
あっ、私もそのひとりでした。

で、とある方にそんなことをつぶやいたら、
「自分から、聞きに行けばいいじゃん」
とばっさり言われました。

おーーーーっ。そうか。

私の悩みは、あっさり解決しました(;’∀’)

「ほうれん草は収穫するものですね」

だって。

もう、私はひと言もありませんでした。

問題が発生しても、解決方法は何通りもあるはずで、、、社員IDカードを忘れて玄関で途方にくれてもなんとかなるわけです

本質はなに?

さてさて、私の悩みの本質的なものはなんだったのでしょうか。

  1. スタッフが報告することが大事なのか
  2. 仕事の経過を知ることが大事なのか

どちらでしょう。

それはもちろん、仕事の経過です。

そうすると、別にスタッフの報告を待っている必要もなく、自分からきけばいいんですよね。

「どんな感じで進んでいるの?」ってね。

まだかまだかとイライラ待っているより、さっさと自分のほしい答えを聞いちゃう方が、ずっと簡単で精神衛生上もいいんです。

なんだ、こんなに簡単なことだったのねーと、ひとり納得した次第です。

世の中に選択肢はたくさんある

何かに行き詰まっているときって、AかBかの選択肢しかないと思い込んでいたり、「べき論」にはまっているときだと思います。

スタッフが報告するか、しないかの選択肢しかないと思ったら、報告がないと問題になってしまいます。

「スタッフは上司に報告をするべきだ。」こういう考えにはまってしまうと、もう身動きがとれません。

「報告がないのは、けしからん」

だの

「思いやりがない」

だの

「常識がない」

だの、いろんな感情が湧いてくるはず。

こんなことは、こちら側の勝手な感情であって、当のスタッフはいろんな事情を抱えているからね。

もちろん、理想は何かあったら進んで「報告・連絡・相談」があることですよ。でも、その理想の環境を作れないのも、上司の責任です。

だから、べき論などにとらわれず、じゃあ違う方法を考えてみようと、環境を変える行動をするんですね。

スタッフからの報告がないときは、自分で聞いてみる。

こんなルールを適用したら、心が軽くなるはず。
そして、まぁ「報告・連絡・相談」がどうして必要なのか、折り触れて話していると、そのうち相手の行動も変わるかもしれません。

気長に待ってみましょうね。

なんだかなーと思うのは、スタッフには「報告・連絡・相談」を求めるのに、自分は何もしていないとこを見たとき。

人はとかく、

自分はまちがってなーい。
ほかの人がわるーい。

と思いがち。

まあ、本当にそういうケースもありますが、だからと言って、間違いに気づくのは相手なので、カリカリ怒っても、のんびりしててもそんなに変わらないわけです。

だから、自分から動きましょう。

この世に解決のための選択肢は、たくさんあるのだから。

私も、イライラさんが出ないように、のんびりいきます。

よーじやさんのキャラクターを見ると、のんびりできるね

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ