実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

読者さんをよく観察しましょう

 

 Web・SNSのこと

SNSやブログをビジネスで活用したいと思ったら、お勧めしたいことがふたつあります。

ひとつめは、自分の記事に「いいね」とか「コメント」をくれる人はどんな人かよく観察すること。どんな記事を書いたとき、誰が「いいね」をクリックしてくれているのか。どんなコメントが入るのか。そういうことに興味を持つのです。

ふたつめは、一緒にお仕事をしてみたいなという人の投稿をじっくり読んで、自分がお役立ちできることは何かなと考えます。そして、お役立ちできる記事を自分のブログやSNSに投稿していきます。

こういうことが、読者研究になり、「誰に」情報を届けるのか明確になりますよ。

記事を書くときは、この人に読んでもらいたいなぁと思いながら書くのもいいですよー。

「いいね」と「コメント」は研究材料になる

継続して記事を投稿していると、特定のテーマの記事に「いいね」をクリックしてしてくれたり、コメントが入れてくれる人、毎回反応してくれる人がだんだんとわかってくるんです。

私の場合は、紙媒体や印刷のこと、うちの社長のことを投稿すると、印刷会社の社長さんたちの「いいね」やコメントが多くなります。

一方、ブログの書き方やWeb解析などの記事を投稿すると、コンサルタントの方の「いいね」が多くなるんですよ。

エクスマ関連のことを書くと、喜んでくれるエクスマ塾生さんがいます。

あくまでもそうだろうという推測なので、私の推測は正しいかときどきゲーム感覚で投稿をしてみます。「この方々がいいねをクリックしてくれるはず」と思って記事を書き、その中のお一人でもいいねをくれたら「よしっ」とひとり満足したりね。

そうすると、読者が誰なのかだいたいわかるので、その方の顔を思い浮かべて記事を書けます。
誰に伝えるのかはっきりすると、多少文章がぎくしゃくしても、伝わる文章になるんですね。

たとえば、同じWeb解析の記事を書くにしても、ユーザーさんに書くときは、話し言葉を多めに使って、極力やさしく読みやすいようにと心がけています。

コンサルタントの方向けに書くときは、丸パクリしてコンサルできるような記事を心がけています。そうすると、便利に使ってくださるからです。

「お金をもらえるんじゃない?」と言われたことがありますが、そこまで専門的に書いてパクられるということは、私の力を認めていただいたみたいでうれしいなぁと思います。パクった人はどこかで私に感謝してくれているでしょう。たぶん(^_-)-☆

私は「いいね」やコメントをくださる人と、直接お仕事にならなくてもよいと思っているんですね。その方々がわかっているということは、同じように興味をもっている潜在的なお客さんにアプローチできると思うからです。

一緒にお仕事したい人を研究する

「この方と仕事がしたい」。そう思ったときは、その人の投稿を読んで、何に興味を持っているのか、どんなことを大切にしているのか把握していきましょう。

そして、その中から自分が協力できることはないか、お手伝いできることはないかと考えます。

でてすね、自分がその人にとって、価値がある人間になるように勉強するんですよ。

私の場合、ずっと仕事をしたいと思っていた方と、とある懇親会で名刺交換をしたときは、仕事の相手として認識されていなかったなぁと感じ取りました。そのあと、その方のブログで、「ブログの活用」に興味をもっていることを知りました。それならお役に立てそうと、それ以来「ブログ」活用について、自分のブログで熱心に書くようにしました。「ビジネスブログ」をテーマにした本を読んだり、勉強しましたよー。

この場合も伝えたい人がはっきりしているから、文章は書きやすくなります。

自分のブログに書いているだけでは、その方に情報は届かないので、その方の記事にときどきコメントを書いて、存在を認めてもらえるようにしていました。

言葉は悪いのですが、

「すごく価値のある獲物!」

と思ってもらえると、追ってきてもらえるし、煮るなり焼くなり何か役立てようとするじゃないですか。

これもあくまでもゲーム感覚ですることがポイント。
だって、仕事を発注するかどうかは、私がコントロールできることではないから。それに、こちらががんばっていることは、相手には関係ないことなのですよ。

そのようなことを楽しんでやっていたら、ダイレクトメッセージをいただいて、一緒に仕事ができるようになりました!
今でも、ブログやSNS活用のセミナー講師ができるのは、そのときの勉強が生きているのかって思います。

私は、今日はお話しようかなって、ひとりでなくても漠然と顔を思い浮かべて記事を書いていること多いです。
そして、ときどきゲームみたいに、この人は絶対に「いいね」をくれるばすと、気合をいれて記事を書くこともあります。そして、本当にいいねをくださったら、ひとりガッツポーズして喜んでます。

読者さんをよく見ていること、大事ですよ。

今日から7月。
2018年の後半もがんばってブログを書きます~~

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ