ブログやSNSを軽く考えていると、今後損をすると思うんだなー私

 

 Web・SNSのこと

先日、営業スタッフから「白藤さんの営業の決めセリフってなんですか?」と聞かれました。

えっ(◎_◎;)?

私、営業しているって感覚がゼロなので、とくに決めセリフはないなぁと思いました。

だいたい、大勢の中では萎縮して固まっているし、社交に長けてないから懇親会は暇だし、名刺交換も苦手だし、知らない人に声をかけて営業するなんてムリ。ひたすら文章を書いたり、企画書を書いたり、紙面レイアウトしたりするのが好き。没頭すると、ほとんど席を立たないで、口もきかないで仕事をしている。そういうタイプです。

人前でお話するときは「愛嬌」のスイッチ入ってますが、基本は引っ込み思案の人見知りです。

そんな私でも、長年のお客様がいてくださったり、新しい仕事をいただけるのは、何でだろう。。。

「売り上げがあるから、営業職でしょ」とか言われることもありますが、いわゆる営業って一度もしたことがないのです。

じゃあ、なぜにお仕事ができているのか。

それはやっぱりブログを書いていたり、SNSをしたりしているからでしょう。
たぶん。私のこと、仕事のことを知ってほしくて、せっせと投稿しています。

それと合わせて、北海道中小企業家同友会とか、エクスマとか、ハッピートークとか、窮地に立たされて、藁をもつかむ気持ちで参加した勉強会で、少しずつできたご縁の中で仕事をさせてもらっているって感じです。

私、人に慣れるまでに時間がかかるんで、知らない人ばっかりの中では逃げ出したくてたまらないの。それをちょっとだけがんばって、その場にい続けるってことしているんですね。そうすると、少しずつご縁ができ、こんなことやらないかと提案をいただき、それに「できない」とは言わないでこつこつとやってきたら、自分の居場所ができてきた感じ。それと同じ頃、お仕事の話ももらえるようになりました。

北海道中小企業家同友会の会合の様子。わりとふつーにいますが、慣れるまでは逃げて帰りたかったなぁ(笑)

そのときにね、ブログとかSNSは私を後押ししてくれたんです。

ブログでつながって知り合いになって仕事をもらうとか、名刺交換後にFacebookで友達になり、Facebookからブログを読んでくだって仕事をもらうとか。とくにいいねもコメントもなく読んでいてくれて、私を講師として推薦してくれる人がいたとか。とにかく書き続けてきたら、文章に興味をもって声をかけてくださる方が徐々に増えてきたんです。ありがたいお話です。

リアルな活動だけだったら、私などお仕事をもらえてなかったかもです。
お酒も飲めないから、いわゆる営業って考えたらハンデだらけだから。
ブログやSNSがあったから、なんか営業している感じに見えるんですね。

だから、私は思うんですよ。

会社の中では、誰でも仕事を生み出すことができるって。工夫次第で、誰でも売り上げを作ることができるんです。

いわゆる営業職だけが数字を上げる時代はとっくに終わったとかまで思います。
総務のスタッフがブログやSNSをして会社のことを知ってもらうこともできるし、制作スタッフが専門的なことをブログにアップしてそれ経由でお仕事いただいてもいいわけです。

外に出て、コツコツと足で稼いでこい!

インターネットとスマホがインフラになっちゃった今では、それだけでは十分ではないかなって思います。

もちろん、外に出て人に会うことはとても大事。
メールとかSNSでは伝わらないことも、実際にあったらすぐに伝わるってこともありますしね。

でもね、時間も距離も超えて、人とのつながりができるツールがあると、一度も会わなくてもすごくよい関係を作る可能性もあるし、一度に多くの人に情報を伝えることもできるんですよ。

事前に多くのことを発信していると、実際にお会いした時には仕事をするって前提になっていることもあり、それは商談のスピードが実質はやまったことになります。

だからね、ブログとSNSは営業職にとっても重要なツールなんですよ。
仕事に対する思いや、自分の専門分野のことなど人となりを知ってもらう発信をしていたら、日々の営業活動にプラスに作用します。人は良く知っている人の方を信用するからね。
実際に会える人には限界があるけれど、ブログやSNSでは一度にたくさんの人と会える環境を作れます。

冒頭の営業スタッフには、営業トークだけを考えるよりも、もっとブログやSNSをやってみたらって言いました。プロとしての情報をブログやSNSで発信し続けたら、営業の現場でする話の引き出しは格段に増えていくと思うんです。

それにね、読者にどうしたら読んでもらえるかって考えて表現してみることは、商談の場でも生きてきます。一方的な売りではなくて、相手に関心を持たなきゃ信頼してもらえないですから。

ブログやSNSをなめてたら、一生損をする。
狩猟民族のように日々仕事をもってくる営業はできず、日々種をまき花を育てる農耕民族のように仕事をしている私はそう思うんです。

一枚の自撮り写真で仕事つながるかもなんですよ。それは素敵なこと。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

「経営者の夢を叶えるお手伝いをする会社」。私は自分の会社をそんな風に思っています。
ホームページ、ブログ、SNSや印刷物は、みなさんの会社の価値をストーリーで伝える手段。その手段をなぜ使うかというと、ご自分たちの夢、想い、目標を実現したいからと思います。その手段を有効に活用できるようにするために、日々奮闘中です。

プライベートでは、ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ