実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

初体験 5時間待ちのパフェ 〜 ぴーぷる・ぴーぷ

 

 白藤沙織のこと

札幌にとってもユニークなパフェのお店があります。「パイとケーキ」って看板ですが、パフェのおいしいお店です。

そして、待つことでも有名なお店。
マスターは初めてのお客さんには、「初めて?待つよ?大丈夫?」と聞いて、時間を気にしないで待てるお客さんはだけが、ここのパフェを食べられるのです。

ぴーぷる・ぴーぷのお店の前。パフェのお店ですが、看板は「パイとケーキ」

さて、このお店、お友だちのプリシラ(クマガイヒロコさん)に教えてもらっていて、いつか来たいと思っていました。なんだかおもしろそうです。そしてね、怖いような。

でも、なかなか行ける機会がなく、、、

そして、、、

ついに、、、

本日、プリシラと一緒に来ましたよ!

ぴーぷる・ぴーぷの常連さん(?)のプリシラ。

午後5時半にお店の前に来ると、私たちはすでに11番目。プリシラの予想では、11時くらいにパフェがでてくるだろうとのこと(◎_◎;)

まずは、ひたすら7時15分の開店を待ちます。

だんだん暗くなってきた。
お月様がきれいな日です。

お店の前にも、時間がかかるという断り書きがありました。

さて、待つこと1時間半。やっとお店に入れたら、すぐにマスターから、「11番目だから、11時頃になります」と言われました。予想通り。

本日、私はタクシーで帰る覚悟でいますので、まぁ関係ないです。

いろいろなこだわりがあるお店です。

この時期は、2週間だけマスターが摘んできたブルーベリーのパフェがあるそうで、それを目当てにくるお客さんでお店は混んでいるそうです。ぴーぷる・ぴーぷ初心者の私は、ただプリシラの説明を聞くばかり。

にんじんパフェとブルーベリーパフェを注文したあとは、ひたすらパフェが出てくるのを待ちます。

じゃーん。1個めのニンジンパフェ。

マスターに「くせがある」と言われたニンジンパフェ。美味!

砂糖を極力使わず、マーガリンやショートニングも使わないで作っているというパフェは、なんていいましょうか、あまり甘くないのですがあっさりほんのりした甘さがあつておいしい(#^.^#)。
私は生クリームは普段はあんまり食べませんが、いけましたよ!!!!

これが21時半頃の話。

さて、ブルーベリーパフェは?というと、一向に出てくる気配はありませんでした。

「あと2時間くらいかな」

さすが、何度も来ているプリシラは落ち着いています。
そうして、もうすぐ24時という頃、ブルーベリーパフェが出できました♡

待望のブルーベリーパフェてす。本日、ご飯を食べずにひたすらパフェを待っていました

これが、今シーズン2週間しか出されないブルーベリーパフェ。
食に関する表現力があまりないので、これしか言えません。

超絶おいしい~~♪♪

世の中の価値観とは別の不思議なお店で、待つことの楽しさも知ることができるかもね。

また行ってみたいな。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ