今年もブログを読んでいただきましてありがとうございました

 

 仕事力

「どうせ死ぬんだから、好きなことをやっていたい」
こんな想いで生きている私、その年何をしようかキーワードを決めています。

2018年のキーワードは、2017年に続き「旅するさおりん」にしようと思いましたか、、、これだけじゃあつまらない。

で、

「旅して恋するさおりん。~文章書いて、講演して、好きなことをしています~」

と書いてみたのですよ。ふざけているようで、真剣に考えました。

それで、どうなったかといいますと、おおむねそんな感じで過ごすことができました。Webを作ったり、取材ライターとして文章を書かせてもらったり、講演したり、おまけに演劇もしたりと、私が想っている方向で生きている感じがします。「恋する」はどこに行ったかと言いますと、、、ご想像にお任せします(笑)

何度か書いているのですが、ブログやSNSは続けているとよいことがたくさん起こります。真剣に取り組めば、直接仕事につながらなくても、間接的にはつながっていく。そんなツールだと私は思っているのですね。今年もそんな出来事があったので最後に書こうと思います。

大晦日の札幌は雪。年末にかけて大雪だったので、例年並みになってきたようです

興味がある方は隅から隅まで読んでくれる

私は文章を書くのが好きで、テクニカルライターでもあるので、ブログを書くのが大好きです。だから、書いていることはただの自己満足なのかもしれません。

それでも、私の書いた記事が誰かの役に立ったり、ちょっぴりしあわせな気分になってもらえたりするときがあって、とてもうれしいのです。それが、また書き続けるエネルギーになるから。

私の場合、専門的なことだけを書いているわけではなく、テーマもわりと自由にしています。等身大の私が表現できればと思っているので。

今年、とてもうれしかったのは、シングルマザーとか中間管理職の女性から感想をいただいたことです。

シングルマザーや中間管理職にいる女性の中には、がんばってがんばって自分のことを忘れてしまうとか、がんばりすぎて周囲とぎくしゃくしちゃうとか、そんなパターンを持っています。まさに私(笑)。悪戦苦闘して、やっと肩の力が抜けたとか、笑顔でいられるかってよく考えているので、そんな記事を書くことあます。
そうしたら「わかるよ」とか「それで勇気をもらった」とか言ってもらえて、なんだかうれしいのです。女性たちが本音でわかり合える環境って実は少ないから、そんな小さな場が提供できたらって思うのです。

もちろん、自分の専門をテーマにしたブログをコツコツ書いていると、必ず仕事につながっていくと私は思います。

でもね、専門家が専門の記事を書けるのは、ある意味ごくごく当たり前のことでもあるでしょう。

だから、何か人間味のあることをプラスできたら、その人独自の世界観が伝わり、単なる仕事の受発注だけではないつながりが生まれるって私は思うんですね。

仕事にそこまで求めない人は、手間暇かけてブログを書く意味がわからないかもしれません。それはそれでいいのですが、、、

仕事以外のところで共感が生まれていると、関係性はもっと豊かになっていくのではないかと思います。

2019年は営業しないためにブログを書く

そういえば、、、

年末に、ブログを書きたくても書けないという方と話をしていました。
考えを表現していると、共感してくれたり、いいなと思ってくれる方とつながり、それが仕事になっていくという流れは理解されていて、だからこそやってみたいと思っていらっしゃるようでしたが、「書く」という行動につながってなかったんです。

「私、派遣セミナーはとかは営業はしたことないですよ。情報発信で仕事につながっています」とお話したら、「営業活動はしたくないんで、そのためにもブログを書きます。それなら、書けそうです」と目をキラキラさせて言っていました。

この方は、どちらかと言うと紹介でお仕事をされています。ですので、仕事を紹介してもらいやすいように、ブログでたくさん仕事のことやその方ご自身のことを表現しておくとよいと思ったんですよ。紹介された方も、ブログを読んだらどんな仕事をしているかとか、お人柄がわかりますから、仕事を頼みやすくなりますよね。頼まない判断もしやすい。

効率よく仕事を受注するためにも、ブログってよいツールだなぁと思います。

最後に、2018年も私のブログを読んでいただきまして、ありがとうございました。
2019年はさらに力を入れて書きたいと、今のところ思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

いつも笑顔でいたいなぁ。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

「経営者の夢を叶えるお手伝いをする会社」。私は自分の会社をそんな風に思っています。
ホームページ、ブログ、SNSや印刷物は、みなさんの会社の価値をストーリーで伝える手段。その手段をなぜ使うかというと、ご自分たちの夢、想い、目標を実現したいからと思います。その手段を有効に活用できるようにするために、日々奮闘中です。

プライベートでは、ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ