お芝居は麻薬みたいなものなのかも ~ エクスマ新春セミナーより

 

 エクスマ

スポットライトを浴びて、舞台に立つ。
講演とはまた違い、別の人物になって物語を演じる。
それも、ほかの人が書いたシナリオの中にあるセリフを、自分が言っているような感覚。

最初の難関のシーン。ここのセリフが言えればノリノリになれる!

このシーンは集中が途切れると、迷宮入りしそうになるの。

このあたりから、本性がでるんだな。出てただろうか。

「セリフが飛んでしまわないだろうか、ちゃんと言えるだろうか。」
そんなドキドキ感もあり、スポットライト・音楽といった気持ちをさらに盛り上げる演出がありと、これは麻薬のように演者をお芝居へと引き付けるものではないだろうか。

舞台の上では自分の責任が明確にあり、途中でうまくいかないからといってやめるわけにはいかない。

「うまくいかなくて笑われるとか、そういう経験も糧になる」

そう教えられていたけれど、やっぱり軽い恐怖を感じる。
恐怖を感じるからこそ、どうしようもない衝動にも駆られる。これを乗り越えたら、どんな世界が開けるんだろうと。

それはもう、麻薬のようなものなんじゃないか。

これが、私のエクスマ新春セミナー東京でお芝居を終えた私の感想です。

来週、大阪でもエクスマ新春セミナーがあるので、具体的な内容は来週に書こうかな。

お芝居後の感想は鋭かった

お芝居のあと、来ていただいた方から感想をいただくことがあり、その中でも山下小百合さん(サユリーニ)の言葉がすごく響いたのでここでも書いておきます。

「舞台で感情に浸って何を言ってるのかわからないのと、観客を意識してちゃんと伝えようとしているのは別よね」

サユリーニの言葉とは少し表現は違うかもしれないですが、本当だなって思ったんです。

着物姿も美しいサユリーニと。私のポーズはそれなりに意味があります

エクスマ新春セミナーに出演するために、7月から毎月1回研修に通って発声練習をしたり、出される課題を発表したり、シナリオができてからは役作りをしたりしてきました。
この準備はある意味大変で、仕事のやりくりをしたり、何度も悔しい思いをしたり、うまくいって認めてもらったり、いろいろなことを経験してきたわけです。

だから、本番にかける思いも熱く、「がんばったわね私たち」「スポットライトを浴びたら実力以上のものがでた」とか自分たちから出るたくさんの気持ちに浸っている。

がんばってきた体験をみんなで共有して、褒め合うってすごく大事なこと。

和泉多摩川のアイスタジオで、お芝居の最後の練習中

みんなで喜ぶことは、最高の仕事ができると思う

でも、

お金を払って来ているお客さんには、全然関係ない。
お客さんの思いは、自分がお金を払ってきているセミナーで何を学べるかってことだと思うの。だから、お芝居から何かを学びたいと思っている。

そのお客さんに「私たちがんばったのよ。これだけのことができるのよ。素敵でしょ」みたいな気持ちを理解してもらおうというのは甘いんだと、サユリーニのコトバでき気づいたの。

私たちが苦労してようが、ラクしていようが、関係ない。

そうですよね。

私が一番苦手なセリフのところが、私が演じているキャラクターが一番大事にしていることってやっと気づいたので、もっとブラッシュアップして大阪の本番に臨みます。

言っている私が伝えたいことがわかっていなかったら、キャラクターは死んでるのと同じなのかもね。

もっとできないか、、もって何かがあるんじゃないか。そうやって浸っていくことは、やっぱり麻薬のようなものなのではないか。そう思ったんです。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

「経営者の夢を叶えるお手伝いをする会社」。私は自分の会社をそんな風に思っています。
ホームページ、ブログ、SNSや印刷物は、みなさんの会社の価値をストーリーで伝える手段。その手段をなぜ使うかというと、ご自分たちの夢、想い、目標を実現したいからと思います。その手段を有効に活用できるようにするために、日々奮闘中です。

プライベートでは、ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ