人間の力

 

 白藤沙織のこと

もうすぐ満月になるからか、今日は月がくっきりきれいに見えた。
冬の晴天の日は気温がぐっと下がり、空気もきれいな感じがする。大好きな川のそばでみた月は美しかったな。

いろんなものが浄化されていく。そんな感じがした。

1月21日が満月。
空とか月が好きなんです。

子どもの頃から、何かあるたびに空ばっかり見ていたからね。ぼーっと空を見ていると、大きな気持ちになれる。そして、可能性を感じるから好きなのだ。

今日思い出したことは、「うん。なれるよ」って私を励ましてくれた人のこと。それはもう、20年以上も前のことだけれど、私の人生のターニングポイントになったと思う。

当時の私は、メンタル面が非常に弱くて抗不安剤が手放せないでいた。その薬があればまともな生活が送れるけれども、その副作用も大きくて苦しかった。

もう薬を手放したい。何度か挑戦しては、挫折していたときでもあった。
そんなときに出会ったカウンセリング。

とにかく薬を止めたくて、必死に取り組むようになった。そうして、自分もリーダーシップをとってカウンセラーになりたいと思った。
とくに、同じようにメンタルヘルスに苦しむ人のサポートグループを作りたいと思った。

だから、私にカウンセリングを教えてくれた人に、

「私、リーダーになれるかな」

そう聞いてみたことがあるのだ。

その人は、軽く「うん。なれるよ」と言ってくれた。それだけだった。

その頃の私は、まだ向精神薬を完全に手放せていなくて、カウンセラーとして人前に立つならば薬をやめなければならないとか、条件を出されると思っていたのだ。でもそうじゃなかった。

なれるよ。

私はこれがとてもうれしくて、目の前がぱっと開かれた感じがしたのだ。
「なれるよ」と、私の力を信じてくれたのがうれしかった。

そのときも空を見ていて、なんだかできそうだって久しぶりに力が湧いてくるようなそんな感じがした。それまでは、ダメな人って自分で思っていたからね。

それからの私の人生は大きく変わっていったと思う。完全に薬を手放すまでに時間は必要だったけれど、先生としてカウンセリングのクラスも教えるようになった。そして、本当に向精神薬を手放すこともできたのだ。

その後がバラ色の人生ってこともなく、悲しいこともたくさん経験したけれども、自分の人生から目をそらせないでこれたのは、「できるよ」ってひと言が心の奥底で支えになっているからと思っている。

言葉の力は大きいし、人間には自分を変える力がある。

くじけそうになったときは、空を見上げて「私もなれるんだ」と思ったあの日のことを思い出して、またがんばろうと思うのだ。

川の近くにある会社があるあたりも好きな場所。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

「経営者の夢を叶えるお手伝いをする会社」。私は自分の会社をそんな風に思っています。
ホームページ、ブログ、SNSや印刷物は、みなさんの会社の価値をストーリーで伝える手段。その手段をなぜ使うかというと、ご自分たちの夢、想い、目標を実現したいからと思います。その手段を有効に活用できるようにするために、日々奮闘中です。

プライベートでは、ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ