今年は2人増えたよ 小樽雪あかりの路 美女四天王ツアー

 

 白藤沙織のこと

小樽雪あかりの路は、夕暮れから小樽の街がロウソクの灯りで埋め尽くされるイベント。
アイスキャンドルの優しい光が幻想的で好きなのです。

昨年に続き、おたる案内人1級の資格を持つ山谷智恵子さん(ちえちえ)のガイドで、小樽の街を楽しんできましたよ。メンバーは、あの「美女四天王」。今年はひとり増えたよって聞き、ますます楽しみになっていたのでした。

今年も高速おたる号の最後尾席を確保する

「小樽初心者には、高速おたる号の心地よさを味わってもらう」というちえちえの想いがあり、今年も高速おたる号で移動。最寄りの駅からひとりずつ乗っていきます。

私は始発の札幌駅を利用。今年は鷲田さん(わしこ)が一緒なので、緊張しないで乗れましたよー。

札幌駅から高速おたる号に乗りました。

近代美術館前で、まっきー(菅原さん)と合流。

まっきーが乗ってきました。

そして、西町ではちえちえ(山谷さん)が合流。

ちえちえ合流。
美女四天王がそろったわ。

あれ? 5人では?

もうひとりは小樽で合流することになり、まずは「美女四天王ね」とかおしゃべりしていたら、小樽にはあっという間につきました。

前日まで大寒波が来ていた北海道でしたが、この日は若干気温が上がっていた感じがします。

高速道路から見える海も、穏やかでしたよ。

穏やかな小樽の海

美女四天王の小樽散策

バスから降りて、まず話したことは「あら~、暖かいね~」。
昨年の雪あかりの路ツアーでは相当寒い経験をしたからか、40年ぶりのマイナス12度の寒波を体験したからか案外余裕です。

バスを降りて最初に向かったのは創業が昭和三年という米華堂さん。小樽を散策するのではなく、すぐにお茶することになりました。

昭和三年創業。
米華堂さん。

ここでは、NHK朝の連続テレビ小説「まっさん」で、マッサンとリタのリタも愛したアップルパイを食べました(私だけ)

あいにくアップルパイは残り一つで。。。
私がいただきましたぁ。

まずはお腹で小樽の街を感じました。

その後は手宮線通りに入り、外はまだ日暮れではないけれど、灯のともった道を歩きました。

寄り添う雪だるま、かわいい。

そして、小樽金融資料館に寄ってお金を体験することにしました。
といっても、私たちの目的は一億円を持ち上げることだったりしましたよ。

金庫に吸い込まれていくわしこ

一億円持ちあげてみました。

一万円になってみましたぁ。

金融資料館を出たあとは、旧三井銀行小樽支店で開かれている小樽マルシェを見学。かわいい小物がいっぱいありました。

これは本をモチーフにしたアクセサリーです

その後は手宮会場に行って、雪あかりの路を楽しみました。さすがに寒かったなぁ。

会場入り口で。

ハートもたくさんありました。

札幌雪祭りとは違う、手作りの温かさがあるなぁ。

雪の中でキャンドルの優しい光が映えます。

会場には海外から来た方もたくさんいらっしゃいました。

あまりの寒さに、途中で知り合いのお店でジンジャー入りのホットココアをいただいて、ホッと一息。そうこうしているうちに、夕食の予約の時間になり、レンガの建物がステキな旧磯野商店倉庫のダイニングバーISOへ移動しました。

ダイニングバーISO。
私はついつい「アイエスオー」と読んでしまいます。「イソ」です。

入り口には、なぜかトトロがいましたよ

「素敵なお店ね~」と話していたら、5人目のプリシラ(クマガイさん)が到着。
これで5人になったと思ったら、、、

プリシラ到着。
美女四天王が5人になった。

実はもうひとりいて、6人でした!

バーズちゃんも遊びに来ていたよ

わしことバーズちゃんとおしゃべり

一部で大人気のプリシラのアシスタントのバーズちゃん、小樽も楽しんでくれたようです。
バーズちゃんの活躍はTwitterで見られます。

最後は小樽運河まで散策。21時を過ぎていたので、雪あかりは終わっていました。

運河では余裕で写真を撮ることができたので、去年よりはやはり暖かかったのかな。

こうして、美女四天王の小樽の旅は終わったのでした。

あっ、違った!

今年は「バーズちゃんとクールビューティー5」になったのでした。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

「経営者の夢を叶えるお手伝いをする会社」。私は自分の会社をそんな風に思っています。
ホームページ、ブログ、SNSや印刷物は、みなさんの会社の価値をストーリーで伝える手段。その手段をなぜ使うかというと、ご自分たちの夢、想い、目標を実現したいからと思います。その手段を有効に活用できるようにするために、日々奮闘中です。

プライベートでは、ひとり娘と一緒に住んでるシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生の伴侶ができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ