実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

心のブレーキを踏んだまま、アクセルを踏んでも前には進まない

 

 白藤沙織のこと

何かを変えたい。そう思って人はいろんなことにチャレンジします。

セミナーに通う、断捨離する、ダイエットをするetc

でもね、変わりたい、変わりたいと思っているのに、チャレンジしていることが結局続かなかったり、変わったと思っても別の展開で元に戻ってしまったりすることも多いのですよ。

それはなぜか。

意識では変わりたいって思っていても、無意識は変わりたくないって納得していないからなんですね。

そういう状態を、

心のブレーキを踏んだまま、アクセルを踏んでいるから前に進まない。
まずはブレーキから足を外すことをしないとならない。

と、私はNLPで習いました。

そして、私は最近ほんとだなっていう体験をしたので、それを書いてみたいと思います。

私の美眉コーチ プリシラと(クマガイヒロコさん)
釧路に行く途中、眉毛はクリアしましたが、持ち物カウンセリングを受けてます

眉毛が描けるようになった理由

それはごくごく軽い気持ちで、イメージチェンジをしたいなって思ったことから始まりました。
ちょうど、劇エヴァの研修が始まり、再びお芝居をすることになっていて、何かできないかなって考えていたんです。

で、外見を変えるならば、友人のクマガイヒロコさん(プリシラ)に相談しようと思ったんです。
彼女はカウンセラーで、いつもおしゃれで楽しい投稿をしている方。

プリシラの最初のアドバイスは、眉毛を変えようということでした。
顔の中で眉毛が大事だから。

が、私「はっ?」って感じだったんです。眉毛は生えているものじゃんと。

でも、、、

そういうアドバイスなのだから、やってみようと思ったんです。

が、

なかなか上達しない( ゚Д゚)

そのあたりのドタバタは、ツイッターでも投稿していました。

そのときはまだ、私の中では遊びの範疇だったんです。眉毛が描けないということをおもしろおかしく話していただけというか。

それがですね、だんだんと憂鬱になってきたんです。
なぜ描けないんだろうと思ったこともそうなのですが、眉毛を描くこと自体にどこか違和感があったんですね。きっと。

プリシラには、眉毛を描いたら写真を送ってチェックしてもらっていたんですが、
「なぜ、おもしろくない顔をしているの?」
と聞かれました。

おもしろくない。。。

そう、意識では眉毛を描けるようになりたいとか言ってたんですが、無意識では描きたくなかったんですね。
「どうせ、私はできないから」っていう前提があったのでしょう。

それに気づいたのは、2月のセッションだったと思います。
「なぜ、おもしろくない顔をしているの?」って質問に、思い当たることがあってちょっと涙が流れたんです。

あっ、私は過去に容姿で傷ついたことにこだわっている。
そのことを受け入れた次の日、眉毛を描いたらなんだか前より形が整ってきたように感じました。

それで、私がこだわっていたことは何なのか、プリシラのカウンセリングのほかにも集中的に取り組むことにしたんです。
私、カウンセリングやコーチングは自分でもするので、これは無意識が相当に抵抗していると実感できました。

プリシラはカウンセリングのほか、「アクセスバーズ」という脳の断捨離をするセッションもしています。
プリシラのカウンセリング、アクセスバーズ、そして自分自身でのカウンセリングで、自分の中でのこだわりを捨てようと取り組んでいると、少しずつ変わっていくように思いました。

自分の容姿でどんなセルフイメージを持っているのか浮き彫りになったのは、やっぱりプリシラのセッションのときでした。プリシラの提案に対して、やたら否定したくなるんです。

自分がカウンセラーのとき、こんなに否定していたら変わらないだろうなぁと思うようなクライアントになってました。

「だって、私はこうだから」と言いたくて言いたくて、言ってました(笑)
で、「あれっ?、私はやたら言い訳しているな」って気づいたんです。

そうしたら、おもしろいことが起こりましたよ。
ちょっと不思議系な話なので、信じない方もいらっしゃるかも。どう感じるかはみなさんの選択におまかせしますが、、、

不思議なことが起こったのは、3回目のアクセスバーズのときです。

過去2回の体験では、私眠っていることが多く、何も覚えていないという感じだったのです。

2回目のセッションが終わったとき。
バーズちゃんと一緒。寝起きの私。

ですが、3回目は違いました。
色が見えてましたし、右手が忙しく動いてました。
私は何度も催眠に入った経験があり、無意識が何かしようとしているときは腕が動くのです。そのときも、あぁ何か無意識が活動しているなって思ってました。

そしたら、、、

ふっと、私の中から誰かが出ていくのを感じたんです。
左目のふちの方から、私の行動を制限していたような人が、ばいばいって出ていった感じ。

すみません。変なこと書いて。。。

でも、私はそう感じたんです。

そしたらですね、ますます心が軽くなりました。
過去は過去。それをそのまま受け取ることができ、でも過去と未来は関係ないとはっきり思えたんです。

私の中から、ばいばいって何かが出ていった直後の記念写真

人間、不思議なもので、違う分野ではもうとっくにそういう割り切りはできてたんですよ。
でも、容姿に関してはそうではなかった。
外見だってやろうと思えば変えていける。そのとき自分の中で納得したんです。

それから、眉毛を描くのが上達してきて、合格をもらう日も多くなりました。
眉毛を描くのが楽しくなってきたんですよ。

で、私は思うんです。

なりたい自分になろうとがんばっても、なかなかなれないときは心に何かわだかまりがあるんじゃないかと。
そんなときはですね、まずはブレーキを踏んでる自分に気づいて、そのブレーキから足を外す取り組みをすること大事なんです。そのブレーキは心の蓋を開けることにもなるから、ちょっと辛いことかもしれないけれど。

いくら頭で理解していても、体験しないと深い理解はできないってこういうことを言うんだなぁ。

私の場合は、プリシラとのセッションを軸にして、セッションの中で気づいたことをさらに自分でワークをしたり、セッションして深堀していきました。そうしたら、時がきて何かが変わった。そんな感じです。
こういう人体実験はおもしろいです。

ブレーキ問題がよく理解できたので、これは今後の仕事にも生かしていけるなって思っています。

美眉と合格点をもらった眉毛!

アクセスバーズのことは、プリシラのブログを読んでね。

プリシラのブログ

◆大好評!アクセスバーズ セッション

https://ameblo.jp/silverpolish/entry-12416939003.html

 

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

ただいま演劇に夢中。そして、ダンスとヨガとピアノが好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ