実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

嫁でないサザエさんと嫁になれなかった私

 

 サザエさん

大人になっても、親と会って別れるときは軽いさみしさを感じる。それはやっぱり親という特別な存在だからだろうな。

ひとり暮らしを始めた頃は、ほんとに涙があふれていた。
札幌で下宿生活を始めたとき、札幌まで車で送ってくれた父が帰ったとき。
大学の入学式のため母と上京し、寮の前で別れたとき。
これから始まる新しい生活に期待をしつつも、どこか心細さもあってひとりになったあとずっと泣いていた。

この涙は私が自立するために必要で、涙と一緒に不安も流れていったように思う。

が、親と別れるときに泣けない苦しさを味わったこともある。
それは、結婚が決まって彼と彼の両親が私の実家にあいさつに来てくれたときのことだった。その時は札幌に住んでいて、私は一足先に実家に帰って、彼が来るのを待っていた。そして結婚という人生最大のイベントが始まる日の最後に違和感が残ったのだ。

帰りは彼の車で、彼の両親と4人で帰ることになった。新しい家族と思った瞬間、「えっ、私のお父さんとお母さんはどうなっちゃうの」と思ってしまったのだ。
結婚するって、女性が違う家の人間になることなんだと実感した瞬間でもあった。それはしあわせなこととされている。私もそうなんだと思った。

でも、自分の親との関係が微妙に変わると思うと、それを悲しいと表現できない苦しさもあった。彼の両親とこれからうまくやっていこうという雰囲気の時に、自分の親を思って泣いているってなんかできなかったのよね。

こんな風に思ったのは、私がひとりっこだからかもしれないね。たとえば、男性の兄弟がいたら自分の親のことはあまり考えなかったかもしれない。

それは20代のことだからだいぶ昔の話。今思い出したのは、樋口恵子さんの「サザエさんからいじわるばあさんへ」を読んだからだ。

この本ね↓

「サザエさんがうらやましい」という帯の文字も印象的

樋口恵子さんは、サザエさんが底抜けに明るく、誰にも気兼ねしないでいられるのは、「嫁」ではないからと分析している。

サザエさんのこの伸び伸びとした行動力、徹底した粗忽さ、マンガの主人公として実に適当なおっちょこちょいぶりと愚かしさ。なぜサザエさんはこんな性格であり得たのか。その理由はただ一つ。サザエさんが「嫁」でないからである。

p.58

サザエさんは結婚して母であるけれど、自分の両親と弟・妹と住んでいて、よく遊びにくるノリスケさんも磯野家側のいとこだという話に「なるほどな」と思った。

「結婚」生活が始まったとたん、自分の舞台の登場人物が、自分の家族と親せきから彼の家族と親せきにがらっと変わってしまう、あの奇妙な感覚がサザエさんにはほとんどないのだなぁと思ったから。

あっ、こう書いちゃうと、私が過去に後悔しているように聞こえるかもね。

結婚できたことはうれしかったし、彼のことも好きだったし、娘が生まれたこともしあわせだった。
それでも心の底ではこういう思いも常にあった。それは感じてはいけないと必死に封印したことでもあったと思う。普通に乗り越えられる女性もたくさんいるから、私がおかしいんじゃないかと自分を追い詰めてしまったなぁ。

自動思考ってホントに怖い。

結婚したらこうあらねばならないって自分も思い込んでいたし、周囲も「嫁」とはこういうものという考えもあった。わたしはわたしって切り替えができたら、もっと楽しく彼とも生活できただろうなぁ。今さら言っても遅すぎだけどね(あはっ)

夫もいて、子どももいて、自分の両親と一緒に暮らしているサザエさんは、女性として理想の環境にいるのかもしれない。

そんなことも思う。

長谷川町子生誕1000年記念の「サザエさんと長谷川町子」のシリーズも欠かさず買ってます

ではでは~

■募集中 見た目から中身まで 欲張りブランディングセミナー 3日間

仕事もプライベートも、一生懸命がんばっているのに、毎日なんだかちょっと不安を感じている。

それはどこか自分に自信がないからなんですね。きっと。
だから、思い切って一度なりたい自分になって、どんな気持ちがするか十分に味わってみましょう。心と身体はつながっているから、身体から変えてもいいし、マインドから変えてもいい。

そういう成功体験があると、どんどん自分のありたい方向に身体が動き出すものです。

今回は、美容のプロのおふたりと一緒に、見た目からも中身からもなりたい自分に近づくためのセミナーを企画しました。

事前ワーク、2日間連続講座、3日目のフォローアップ講座、Facebookの秘密のグループで自分をしっかり見つめてみませんか?

2019年6月22日(土)・6月23日(日)・8月11日(日)
10時~17時まで。場所 株式会社正文舎(札幌市白石区菊水2条1丁目4-27)
参加費用 税別15万円(税込み16万2千円): テキスト、診断レポートなどすべてを含みます

お問合せはお気軽にどうぞ~

お仕事のご依頼

■Web集客・SNS活用のセミナー講師をしています
ビジネスをうまくいかせたいなら、マーケティング(集客)は欠かせない。営業して売る前に、営業できるお客さんに出会う必要があるからですね。
中小企業や個人事業では、お金をできるだけかけずに集客したいですよね。
だから、Web集客やSNS活用セミナーを自主的に開いたり、派遣での講師をしています。ミラサポの専門家でもありますので、こちらを利用していただいてもOKです。

■Web解析のお仕事しています
Web解析はホームページやブログの健康診断のようなもの。会社経営にたとえると、決算書のようなもの。
現状を把握することで、ビジネスにホームページやブログをどう活かすかも考えやすくなります。目標を決めて、数値を追いながら行動していくって、経営もダイエットも同じ。

毎月解析レポートを作成して施策を提案するコンサルコース
単発で解析してアドバイスするコース
年間3回とか回数を決めて解析するコース

いろいろあります。

いずれの場合も、お問い合わせはこちらから↓

https://www.websuccess.jp/saorin/request/

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ