実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

日々進化している自分を感じてみよう

 

 会社のこと

毎朝、同じ時間に出社して、同じような仕事をする。案件によって難易度が違ったり、納期が違うし、残業もあるから多少の変化はあるけれど、毎日同じ場所で同じ人に会っている変わり映えのしない日々。

ちょっと疲れたな。

そんな風に過ごしていると、変化がないと思い込んでしまい、いつの間にか変わることに抵抗をしてしまう。抵抗とさえ感じなく、変わらないのが常識になっていく。いつの間にか何かを感じ取る「感性」も鈍くなっていく。

経営者でもある私は、こういう状態が一番怖い。なぜなら、会社の中は問題はないように見えても、会社の外は絶えず変化しているから。

先週の日曜日、6月22日の紫陽花はまだ緑色でした。

ほとんど変わらないように見える会社でも、働いている人はいろんな理由で緩やかに入れ替わる。この入れ替わるときが、自分たちの日々の仕事を見直すよい機会になると思う。

本当は会社の中でも、わずかかもしれないけれど変化しているのだから。それを自分たちで敏感に感じとる必要があるのだ。そして、変わっていく必要もあるとスタッフ全員が実感しなければ、会社は成長しない。

静かに自分自身の1年を振り返ってみると、自分でも少し驚くくらい成長しているものなのだ。

そう言ってみると、スタッフはたいていこんな感じで言う。

「いえ、全然です」「そうかなぁ」「まだまだがんばります」

こういう答えが返ってくるのは、たぶん目標が高く、まだそれに近づいていないと思っているからだろう。向上心があることはいいこと。そして、立ち止まって自分が進化したことをしっかり感じ取ることも大事。

私が所属している部署で、6月にWebディレクターとして30代の男性が入社した。いいタイミングだなと思ったから、Web部門の会議で「みんな成長したのわかるかな」という話をした。

  • 先輩のサポートがないとHTMLコーディングができなかったのに、デモ用サイトをひとりで作り上げた
  • Web制作に携わったことがなかったのに、今では既存サイトのディレクトリマップを作っている ※ホームページ構築に必要な資料
  • Lineスタンププロジェクトに参加して、スタンプ作成からLineへの登録までできるようになった
  • 制作工程の改善を提案し続けて、Webディレクターの採用につながった
  • 管理職はむいてないと言っていたけれど、今ではどうしたらスタッフの良さが生かせるか考えている

私の目から見た変化をひとりひとりに話したら、「あぁ」という顔つきになった。そして、それはきっとちょっとうれしいことなんだなぁ。みんなの表情がちょっと緩んだ。

今日6月28日の紫陽花は、青い色に変化しつつあります。

大人は赤ちゃんのように、目に見えて成長するわけではないから、自分が変わっていることに気づかないかもしれない。だけれど、毎日の行動を振り返ってみると、ちゃんといい方向に変わっているのだ。

会社もちゃんといい方向に進めていきたい。

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ