実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。実録!小さな会社の経営者とアラフィフ女子の夢を叶えるお手伝い 白藤沙織(さおりん)のブログ Webとブログ、SNSで、お仕事も人生も大逆転しましょう。自分らしく輝いて生きるために。

正義の味方はもういらない

 

 白藤沙織のこと

最近、立て続けにこういう話がありました。

  • こういう風に言ったら、あの人はどう思うかな
  • きっとあの人たちは傷ついていやな思いをしているから、この人に注意してほしい
  • あの人たちだって嫌だと思っているんじゃないですか

うーん。わかんないなぁ。

そして、私はこういう返事をしてみました。
「あなたがどう思っているかというお話しはできるけど、あの人がどう思うかは本人に確かめないとわからないです」

こんにちは。Web集客のことをずばり言うズバリスト、白藤沙織です。
って、最近言ってないですね。反省。

わたし、昔は「正義の味方」でした。こんな話を持ち掛けられたら、「あっ、私の出番ね」なんて思っちゃって話を聞いて、「わかったわ。私がなんとかするわ。」と言って、相手に「こうこうこうだから気をつけてね」なんて言う人でした。そして、仲裁した気分になって「いいことしたわ」とか思ってました。そこに自分の存在価値があると思っていた。
あーいやな奴ですね。

最近の私は、やっとこれではうまくいかないと理解しました。

正義の味方はもういらない。

人を助けるより先に、自分のこと助けないと、永遠に人に依存することになっちゃうなぁって気づきました。

ちゃんと観察して、自分で判断しよう

人は自分の世界観でものをみて、物事を判断しています。自分が正しい。うん。正しいんです。
で、みんなそうなんです。相手は相手の世界観でものをみていて、物事を判断しているから、相手も正しいんです。
世界観の違いは、お互いに確かめ合わないとわからない。目の前の相手のことすら理解しきれていないのに、その先にいる人のことを理解することは到底無理なんです。

だから、私のように正義の味方になって「あの人はこうなのよ。だから、こうしてみるといいよ」と話をして、「あぁ、私は役に立っているわ」なんて思っていると、本当の解決にならないんですよ。
当人同士もそうですし、自分も妙に疲れます。

こういう風に言ったら、あの人はどう思うだろう。
こう考えるのはいいことだと思うんです。それは思いやりだし、相手に関心があることだから。
が、どう思うだろうと考えて自分が思いついたことは「仮説」です。あの人はどうも思うかは、その人に確かめなければわからないのです。よく知っている家族でも、丁寧に確かめないと真意はわかりません。

たとえば、紅茶をよく飲んでいる人で、あの人は紅茶を飲みたいって思うだろうなって思いつくでしょう。そして用意するとします。が、その当人は「今日は暑いから、アイスコーヒーにしようかな」とか思っているかもなんです。推測は大事だけれど、推測は推測。検証が必要なんですね。
まぁ紅茶とか日常的なことは、検証なんていちいちしなくてもいいのですが。わかった気分でいない方がいいよってことです。

第三者を巻き込むような問題は、慎重になった方がいいです。
「この人の行動は、周囲に悪影響を与えるはずだ」と思っていたら、「待てよ」といったん立ち止まってみましょう。この人の行動で「問題がある」って思っているのは「自分」なはず。そして、その問題があるって思っている自分を認めてもらいたいんですよね。他人がどういう風に思っているのかは自分の想像でしかない。

だから、自分が困っているから、他人も困っているはずなんだという正義の味方にならなくてもいいんですよ。
困っている自分を自分が認めてあげましょう。その方がいい。

そして、そういう相談を受けたら「うぁー、何とかしてあげなきゃ」とここが出番だぁと張り切る必要なく、「本当にそうなかなぁ」と自分の目と耳で確かめ、自分で感じ取りましょう。その人のいいように動かなくてもいいんです。というより、動くなって感じ。客観的に見て、これは介入した方がいいと判断できたら、自分の責任で関わるといいと思います。

私が「正義の味方はやめよう」と決めることができたのは、「あの人たちだって嫌だって思ってますよ」と言われたことでした。それで、ちょっと落ち込んでいたんですね。が、嫌がっているであろうあの人からは、どう考えても信頼してもらえてるなと思うんです。言葉で伝えてもらったこともあります。
要は忠告をくれた人が私の行動が気に入らないだけで、そのほかのことはその人の「仮説」なんですね。だから、その人に「いやな気持ちにしてたならごめんなさい。」と謝るといい。

そんなこんなで、私が得た結論はこれです。

自分に集中して、自分の気持ちを大事にしよう。

自分の気持ちを観察する時間が多くなったら、ほかの人の仮説、推測に振り回される時間が必然的に少なくなります。
そうすると、人間関係はとってもシンプルになると思うんです。
自分の気持ちを観察していると、自分の軸がブレなくなるから、カンタンに正義の味方になってほかの人に存在価値を認めてもらわなくてもよくなるんです。

ではでは~

台風で飛行機が欠航
10月13日(日)東京渋谷のセミナーは中止しました

ブログとSNSで加速する ~ ビジネスがうまくいくコツ教えます

【講師】太田恵美・白藤沙織
【日時】1013日(日)13:0015:00
【場所】グリーン会議室 東京都 渋谷区道玄坂2丁目15番地1ノア道玄坂711号室

コメント

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

 この記事の投稿者

白藤沙織

テニスとヨガとピアノが好き。そして4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛するWebプロデューサー「さおりん」です。

考えをはっきり言うズバリスト。その性格を生かして、Webのこと、生き方のこと、本のことなどなど、ずばり言います。

小さな会社の経営者と、アラフィフ女子がキラキラと輝くためのむお手伝いがしたい。そんな思いで日々活動中です。

プライベートでは、ひとり娘のシングルマザー。仕事と子育てとめいっぱいがんばってきたので、人生のパートナーができるといいなぁと密かに夢見ています

上級ウェブ解析士、エクスマ59期・65期、エヴァ16期

ページ最上部へ