Googleアナリティクス4(GA4)コンバージョン設定方法

公開日時:

最終更新日:

アクセス解析

Googleアナリティクス4(GA4)コンバージョン設定方法

Googleアナリティクス4(GA4)のコンバージョン設定とは

GA4の目標設定が大切

GA4を導入する場合、サイトの目標設定、コンバージョン設定をどう行うかがとても重要です。

GA4のコンバージョン設定とは、サイトに訪問したユーザーの最も重要なアクションを測定する設定のこと。

アクセス解析で重要なのは、コンバージョンの設定です。

サイトの目的(問合せ、購入など)に合わせて設定しましょう。

ユニバーサルアナリティクスとGA4では設定方法、確認方法が異なりますので最初は戸惑うかもしれません。

しかし慣れると難しくはありませんので、ぜひ取り組んでみて頂きたいと思います。

コンバージョン設定が重要な理由

サイト上の成果、コンバージョンを把握することはとても重要です。

「何件コンバージョンが発生したのか」

「お問合せフォームから、どれくらいの割合でお申し込みをしてくれたのか」

などを分析するためには、コンバージョン設定を適切に行うことが必要です。

・毎日どれくらいの人がサイトに訪問してくれているのか

・どこから訪問してきているのか

・エンゲージメント率はどうか

といったデータを知ることも大切ですが、もっと重要なのはコンバージョンがどう発生したか、ということです。

GA4ではコンバージョン設定をすることで、訪問したユーザーがどういったページを経て申込や購入に至ったか、など知ることができます。

ぜひコンバージョンについて分析するために、コンバージョン設定(目標設定)をしましょう。

GA4のコンバージョンの設定方法

GA4のコンバージョンの設定方法について、具体的にご紹介をしていきます。

設定についてですが、2通りあります。

・既存イベントをコンバージョンとして利用する場合

・新たにイベントを作成し、コンバージョンとして利用する場合

です。

GA4では、コンバージョンの計測をおこなうために、各コンバージョンに応じた「イベント」を作成しておく必要があります。

既存イベントをコンバージョンとして利用する場合

GA4では以下のイベントが最初から計測されています。

・click
・first_visit
・page_view
・scroll
・session_start

コンバージョンとして利用する場合は、
「コンバージョンとしてマークを付ける」をオン(トグルを右スライド)にすればOKです。

GA4コンバージョン設定01

ただし、多くの場合はコンバージョンを別に新規で設定したいでしょう。

その場合、次の手順を踏んで設定することになります。

新たにイベントを作成し、コンバージョンとして利用する場合

新たにイベントを作成し、コンバージョンとして利用する場合は、以下の手順で追加します。

「設定 > イベント」から「イベントを作成」を選択。

GA4コンバージョン設定 イベントを作成

さらに作成をクリックします。

カスタムイベントを作成

イベントの作成画面が表示されますので、設定を行います。

GA4カスタムイベントを作成 パラメーター設定

カスタムイベント名は、コンバージョン名になります。

分かりやすい名前を付けるのがおすすめです。

次に、「パラメータ」「演算子」「値」を設定します。
「パラメータがどういう条件のときにイベント計測するか」という設定になります。

上記では、イベント「page_view」の発生に加えて、「https://www.websuccess.jp/company/info.html」と等しいページにアクセスしたときに「company参照」という新規イベントが計測されます。

※URLは「page_location」というパラメータで計測されています。
一般的にはサンキューページに設定をすることが多いですが、サイト内で計測したいページがあれば、このように設定すると便利です。

イベントを作成しただけでは、コンバージョンとして計測されません。

次の手順も行う必要があります。

イベントをコンバージョン登録する

イベントを作成したら、コンバージョン登録します。

サイドバーの「設定」をクリックして既存のイベント一覧を開きます。

該当イベントの「コンバージョンとしてマークを付ける」をオンにしましょう。

GA4 コンバージョン設定をオンにする

ただし、作成直後には表示されませんのでご注意ください。

イベントのトリガーが発火し、計測されることで表示されるようになります。

数時間かかることもありますので、表示されない場合には時間をおいてみてください。

また、「新しいコンバージョンイベント」で上記で作成した「カスタムイベント名」を入れる方法もあります。

GA4 新しいコンバージョン設定

GA4で設定できるコンバージョン数は?

GA4で設定できるコンバージョン数は1つのプロパティにつき30個までです。

アナリティクスでは、次のイベントがコンバージョンとして自動的に指定されます。アナリティクスのプロパティごとに、さらに 30 個のイベントをコンバージョン イベントとして設定できます。したがって、コンバージョンとしてトラッキングしたい最も重要なイベントのみを選択する必要があります。

アナリティクス ヘルプより

まとめ

Googleアナリティクス4(GA4)のコンバージョン設定方法についてご紹介しました。

GA4を使用する場合、イベント設定やコンバージョン設定をすることで様々な分析がしやすくなります。

ただし、1つのプロパティに設定できるコンバージョン数が定められていますから、しっかりと検討することが必要になります。

設定自体は実際に行ってみると、スムーズにできると思います。

いずれはGA4に移行しなくてはなりませんから、GA4のタグを実装した後は早めにコンバージョン設定も行い、データを蓄積されるのがおすすめです。

弊社、WEBサクセスではGA4の導入サポートも行っております。

合わせてサイトの現状分析、改善案のご提案なども行っております。

・Webサイトを作成したものの、成果が上がっていない
・アクセスが少なくて困っている
・アクセスはあるがコンバージョンが発生しない

といったお悩みがある場合は、ご相談ください。

URLありでお問合せ頂けましたら、御社のお悩みをヒアリングさせて頂き、最適な改善案をご提案いたします。

改善案にご納得いただけない場合には、見送って頂いて構いません。

お気軽にご連絡頂けたらと思います。

お問い合わせはこちら

SEO関連記事

SEO対策のやり方とは?上位表示に必要な対策方法

この記事では「SEO対策のやり方」について、初心者でもできるSEO対策、ということでご紹介します。
これを抑えればSEO対策の基本は大丈夫、という内容です。

検索順位が下がった!原因と対策方法を解説

上位にいて成果が上がっていた時、2ページ目、3ページ目に落ちるとダメージが大きいです・・・
検索順位が下がった時、どういった対策をすれば良いのでしょうか。
この記事では、検索順位が下がる原因、対策方法について解説をしています。

Author of this article

遠藤

主にSEO担当、コンテンツマーケティングも得意です。2004年からSEOを開始。2021年2月より正文舎にて現職、Webディレクター、SEOディレクター。ウェブ解析士。現状のサイト分析、改善のご相談もぜひお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/k_endou_seo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ