Googleアナリティクス4(GA4)への移行・導入・切り替え、いつが良い?

公開日時:

最終更新日:

アクセス解析

Googleアナリティクス4(GA4)への移行・導入・切り替えについて

Googleアナリティクス4 画面

ユニバーサルアナリティクス(UA)は2023年7月1日にサポート終了

いよいよ、ユニバーサルアナリティクス(UA)のサポートが2023年7月1日に終了します。

無料、かつ高機能、ということで多くの企業がユニバーサルアナリティクスを導入していたと思います。

ユニバーサルアナリティクス停止のお知らせ

上記の表示ですが、公式発表があってからずっと表示されています。

いやでも目に入りますから、重い腰を上げてGoogleアナリティクス4を使い始めた方も多いのではないでしょうか。

そして、クライアントから、

アクセス解析、今の使えなくなるの?この後どうしたら良いの?

Googleアナリティクス4って、そもそもなに?

といった質問を受けている方も多いのではと思います。

しっかり使いこなせるようになって、クライアントからの質問には明確に答えられるようにしておきたいですよね。

それに、停止の期限が決められてしまいましたので、移行に取りかかるしかありません

アクセス解析の選択肢は、GA4以外にある?

リサーチ

ユニバーサルアナリティクスからGoogleアナリティクス4への移行について、期限が決められてしまったことから、最近初めてGA4を触ってみた・・・

という方も多いと思います。

そして、

GA4難しい・・・使い方が分からない。直帰率が見当たらないけど、もしかして無くなったの?なんかGA4よく分からないから、できれば使いたくないかも。他に良いアクセス解析ツールはないの?

と一瞬でも思った方、多いのではないでしょうか。

実際、アクセス解析ツールの使用はGoogleアナリティクスを選ばなくてはならない、といったことはありません。

他の解析ツールを利用しても良いのです。

でも、アクセス解析ツールの選択肢って、Googleアナリティクス4(GA4)以外にもあるのでしょうか?

実際のところ、企業がサイトのアクセス状況を分析するために必要な機能を備えたアクセス解析ツールは、

Googleアナリティクス4以外には、見当たらない状況です。

つまり、現実的にGoogleアナリティクス4一択、といったことになっています。

アクセス解析ツールは、他にももちろんあります。

しかし、Googleアナリティクス4ほどの機能を備えているツールはありません。

Googleアナリティクス4は無料で利用できる解析ツールとして、断トツに高機能です。

今までユニバーサルアナリティクスを利用して、レポート作成やサイト状況の分析を行ってきたのであれば、Googleアナリティクス4を覚悟を決めて使いこなすしか無いといって良いでしょう。

自社で担当者を置けない、人的リソースが足りない、といった場合にはアクセス解析をサービスとして提供しているWEB制作会社、SEO会社などに外注するという手もあります。

Googleアナリティクス4(GA4)へ移行した方が良い?

弊社でもUA停止のアナウンスが流れてから、本格的にGoogleアナリティクス4を導入して使い込み、分析を進めていますが、GA4は早々に移行した方が良いと感じています。

いきなりデータ分析をするには難易度が高いため、移行の猶予期間で少しずるGA4を触ってみて、慣れていくことが必要です。

UAはセッション単位でしたが、GA4はイベント単位での計測になります。

実際に使ってみて、イベント単位の計測によるメリットは非常に大きいと感じています。

UAとは違う指標になりますから戸惑うことは多いのですが、GA4への移行を機にWEBサイトの目標設定を見直してみるのもおすすめです。

いきなりGA4を使いこなすのは非常にハードルが高いですし、難しいです。

少しでも早い時期に、データ取得を開始、レポートの見方などを少しずつ試してみることをおすすめいたします。

GA4のタグ実装はいつまでに行ったら良い?

GA4移行はいつまで?

GA4の計測タグについては、できるだけ早めにサイトに実装しておいた方が良いでしょう。

タグ実装だけであれば、それほど難しい部分はありません。

UAがデータ取得停止後、対前年比のデータも分析するためにも、2022年7月より以前にGA4の計測タグを実装しておくようにしておくのがおすすめです。

UAとGA4を並行して計測することは、Googleも推奨しています。

GA4への移行を機にデータ活用の目的を改めて考えましょう!

GA4の目標設定が大切

GA4を使いこなすには、CV設定、目標設定がとても重要だと考えます。

GA4への移行を機に、自社サイトでどういったデータを取得して、改善のために分析をしていくのかなど、ぜひ見直しをされてみてはいかがでしょうか。

GA4はUAよりも柔軟にレポート作成を行うことができるため、これまで以上に深堀した分析を行うことが可能です。

とはいえ、それもデータ活用の目的があってこそです。

移行は各種データ、分析目的の整理に良い機会だと思います。

GA4への移行・導入・切り替え、まとめ

ユニバーサルアナリティクス(もう旧Googleアナリティクスと言っても良いかもしれません)とGoogleアナリティクス4は全く別のツールと考えた方がよいです。

ユニバーサルアナリティクスに慣れ親しんでいた期間が長いほど、戸惑うと思います。

今まで解析ツールとして使用してレポートを作成していた場合には、どうレポート内容を差し替えるか、といったことも問題です。

Googleアナリティクス4の導入、分析についてお悩みの方はぜひご相談ください。

目標設定(コンバージョン設定)も含めて、見直しをする大きなチャンスでもあります。

弊社はアクセス解析を元にしたサイト改善のご提案も得意としております。

CV(お問合せや購入)に近いユーザーをどういったキーワードでサイトに呼び込むか、といったアドバイスも得意としています。

これからどんなコンテンツを追加していけば良いのだろう、と迷っている方も歓迎いたします。

ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

SEO関連記事

ブログ記事の文字数、最適な文字数の目安

「ブログ記事の文字数って、何文字くらい書いたら良いの?」
という方へ。
ブログ記事に必要な文字数の調べ方などをご紹介しています。

Web集客の方法とは

コストを抑えたWEB集客の方法。
コストを使ってでも見込み客を集めるためのWEB集客の方法など、ご紹介をしています。

Author of this article

遠藤

主にSEO担当、コンテンツマーケティングも得意です。2004年からSEOを開始。2021年2月より正文舎にて現職、Webディレクター、SEOディレクター。ウェブ解析士。現状のサイト分析、改善のご相談もぜひお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/k_endou_seo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ