Googleリスティング広告の運用ー最適化案とは

Webマーケティング

正文舎の土本です。

世の中では、Web広告の需要が高まっていて
弊社でもWeb集客の一環として、Googleのリスティング広告を運用しております。
ただ、広告運用の未経験者の場合、何から初めれば良いか迷うと思います。
今回はそんな広告運用未経験者におすすめの方法”最適化案”についてご紹介いたします。

最適化案とは

Googleのリスティング広告の施策が成功するように、Googleがお手伝いしてくれる機能です。
具体的には、リスティング広告をクリックしてくれそうなユーザーの検索キーワードを学習して提案してくれたり、最適なクリック単価(リスティング広告では、クリックする度に費用が発生します)や広告文の改善案等も提案してくれます。

 

メリット

初めて操作してみたときに感じたメリットをいくつか挙げてみます。

・現状の問題点がわかる
・改善方法についての勉強になる
・リスティング広告に対する理解が浅いうちからでも、素早く問題に対応できる

実施方法

それでは、”最適化案”の実施方法について説明していきます。
Google広告にログインすると左列に”最適化案”という表示がございます(下図 ①最適化案をクリック)。
こちらをクリックします。

すると、改善案が表示されます。
ここで、気になる改善案があれば”最適化案を表示”をクリックします(下図 ②最適化案を表示をクリック)。

 

”最適化案を表示”をクリックすると、下図のように具体的な改善内容が表示されます。下図の場合だと、
広告文で訴求に使用するキーワードを増やしませんか?とGoogleが提案しています。
提案に従うのであれば、あとは画面の指示に従って設定を完了するだけになります。

 

まとめ

”最適化案”はリアルタイムで現状を把握できて、複雑な知識も必要がない便利なツールです。
操作が簡単なので、初心者が感覚的にリスティング広告について理解していく上で有効なツールだと思います。
ただ、注意すべきなのは”最適化案”のみに頼っても中々成果には繋がりづらいということです。
なぜなら、広告で成果を上げる要因はランディングページ(リスティング広告をクリックした際に最初に入るページ)や競合他社の売り上げ、季節性等様々だからです。
なので、より成果を上げていくにはWebマーケティングそのものへの理解を深めなければ難しいのだと思います。


Author of this article

土本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ